映像で見るスタディ・ドッグ・スクール
学ぶ 子犬向けレッスン グループレッスン キッズワンクラス
遊ぶ・交流する 子犬の幼稚園 お困り犬レッスン
遊ぶ・交流する ファンクラス SDSフレンズ
  • お客さまの声
  • PC・携帯で学ぶ
  • よくある質問
  • 鹿野先生のWan!ポイントアドバイス
  • トレーナー養成講座

HOME > ブログ > 海外体験記 > サービスドッグにもアクティビティ〜アメリカでの日々

ブログ

< ペット産業CSR(社会的責任)白書・発行記念シンポジウム ペット産業の社会的責任を考える  |  一覧へ戻る  |  講師のお仕事で松山に行ってきました! >

サービスドッグにもアクティビティ〜アメリカでの日々

ドッグトレーナー 長谷川が過去に訪れた海外(サービスドッグの団体)での体験記です。
以前までの内容は、こちらですhappy01


サービスドッグのユーザーさんへの、定期的なフォローアップも行なっていました。
IMG_0436.JPG

このペアは最近、他の犬を見ると少し興奮性が高まってきた、
ということで、犬を目の前にしても落ち着いているトレーニングをしました。

興奮性が高まるのもそのはずで、
『とってもアクティブな運動をしているから、ある程度は仕方がないというか、
定期的なフォローアップが欠かせない』
とのことでした。

そのアクティブな運動というのは・・・犬がつけているハーネスに注目です。

あまり馴染みがないかもしれませんが、ソリを引く犬がつけるハーネスです。

つまり・・・、犬が車椅子を引っ張ることを犬とのアクティビティとして楽しんでいるのです。
(もちろんサービスドッグとしての介助項仕事もしますよconfident
引っ張るのも、段差を越える時なんかに必要な内容になります。)

でも、この発想いかにもアメリカ的happy01

それで、このペア用に用意されていたのが、こちら
IMG_0440.JPG

IMG_0439.JPG

そう。そりを引く、ではなく車椅子を引くためのアクティブギアsmile

介助項目だけでなく、その犬の個性に合わせたユーザーとのマッチングを進める点。

そして、サービスドッグとはいえども、犬としての楽しみを与えてあげて、
ユーザーさんと一緒に楽しめることを提供する姿勢に、深く感銘を受けたのを覚えています。

日本人だと、欧米のように犬にタスクを与えて、それをうまく活用する、
というに発想にならないので、こういったことは、可哀想という発想になりがちですが、
『走るのが好き』なワンコであれば、それを我慢させっぱなしにするのも可哀想。

人とその犬とが、うまく折り合いのつくとことろで、生活やアクティブを楽しむ。
サービスドッグに関わらず、家庭犬でもとても大切なことだと思いますhappy01


スタディ・ドッグ・スクール
ドッグトレーナー 長谷川




カテゴリ:

< ペット産業CSR(社会的責任)白書・発行記念シンポジウム ペット産業の社会的責任を考える  |  一覧へ戻る  |  講師のお仕事で松山に行ってきました! >

同じカテゴリの記事

自然豊かな場所でのトレーニング〜アメリカでの日々

ドッグトレーナー 長谷川の海外体験記
以前までの内容は、こちらですhappy01

とにかく自然豊かな場所でサービスドッグのトレーニングは続きます。

その当時、団体の事務所は島の中。
IMG_0451.JPG
そう。つまり周りは海で囲われているのですmist

週末のお休みの日には、ホエールウォッチングに連れて行っていただきましたhappy01
ホエール=ザトウクジラとてっきり思い込んでいた私・・・

観に行ったクジラはこちらdownwardleft
IMG_0469.JPG
そう。シャチさんですsign03

大海原でジャンプするシャチは、大迫力でしたhappy02

そして、さらに自然豊かな島にはハチドリ(ハミングバード)沢山飛んでいて、
たまーに窓ガラスに当たって、気を失う鳥もいたり・・
IMG_0478.JPG
そんな中、サービスドッグのトレーニングは続いて行きます。

まずは、デモを見せてもらい、
(※電気のスイッチを鼻で押し上げたり、押し下げたりするトレーニング。)
IMG_0421.JPG
そして、自分でやってみる。と行ったことの繰り返し。
(自分がやっているのは、誰も撮ってくれないので写真がほとんどないんです・・・)

手前のソーセージみたいのがトリーツで、それを1口サイズに切りながらトレーニングをします。
そして、右奥の用紙がサービスドッグとして学ぶべきコマンドのリスト。
IMG_2018.JPG
だた、『コマンド』というのは、どちらかと言うと『命令』といったニュアンスを含むので、
正確には『Cue(キュー)』リストになります。行動をとるためのきっかけになる合図、というニュアンスです。
あまり日本人には、馴染みがないですよね。

そして、ドサッリとトリーツを使いますhappy01
これには、正直カルチャーショックでしたcoldsweats02

でも、効率的に『Cue』を教えて、いち早くトリーツを減らす。
この繰り返しで、50項目ほどトレーニングして行きます。

そして、そんなトレーニングを楽しみに待つワンコ達。
IMG_0480.JPG

ワンコ達は、ずーっと一緒にいるので、犬同士で遊ぶことには飽きてきて、
人に対する期待感が、とにかく高かったですsmile


スタディ・ドッグ・スクール
ドッグトレーナー 長谷川




ドアを開けるトレーニング 〜アメリカでの日々〜

ドッグトレーナー 長谷川の海外体験記
以前までの内容は、こちらですhappy01

アメリカでは、街のあちこちにこういったボタンがたくさんあります。

こんな形もあれば、
IMG_0407.JPG

こういったボタンも。
IMG_0408.JPG

このボタンを押すと、ドアが開くのですが、
これをサービスドッグに押してもらうトレーニングをします。

↓こんな感じに。
IMG_0409.JPG

そして、ボタンがついていないドアには、引っ張りロープを引っ掛けて、ドアを開けるトレーニングもします。
IMG_0419.JPG

犬たちはゲーム感覚でトレーニングを繰り返すので、とっても楽しくトレーニングを重ねていきますhappy01

街のいたる所に、ドアを開けるボタンがあるのに驚いただけでなく、
犬たちがとても楽しそうにトレーニングに臨んでたのが、今でもとても印象に残っています。


スタディ・ドッグ・スクール
ドッグトレーナー 長谷川



サービスドッグの候補犬探し 〜アメリカでの日々〜

ドッグトレーナー 長谷川の海外体験記
以前までの内容は、こちらですhappy01

サービスドッグの候補犬になるのは、
ブリーダー、家庭で生まれた犬、そしてシェルターなど様々です。

どの犬がサービスドッグになりやすいも、なりにくもないようですが、
候補犬になった犬たちの約3割ほどが、サービスドッグとして活動しているとのことでした。
(※数年前の話なので、現状はどうかは分かりません。)

これは、シェルターでの様子。
IMG_0235.JPG

他の犬に対する反応をチェックしたり、

IMG_0238.JPG

何かを噛んでいる時に、手を出した時に反応をチェックするなどなど。

同様のチェックを、ブリーダーの犬にしたり、
IMG_0786.JPG
※(スタンダード・プードル)

家庭で生まれたワンコ達にも行います。
IMG_0796.JPG
※(ゴールデン・レトリーバー)

チェック項目のご紹介は、また今度〜〜paper


スタディ・ドッグ・スクール
ドッグトレーナー 長谷川




アメリカでの日々 Fujiくんとの生活。

ドッグトレーナー長谷川のアメリカ体験記の続きです。
以前までの内容は、こちら

さてさて、サービスドッグの候補犬になったFujiくんとの生活は、とてもゆるーい感じhappy01

まずは家の周りの社会化トレーニングをしては、
IMG_0318.jpg

寝てsleepy
IMG_0308.jpg

穴を掘っては
IMG_0389.jpg

寝るsleepy(凄い体勢・・・coldsweats01)の繰り返し。
IMG_0309.jpg

色々な成長を重ねて、大きく
IMG_0316.JPG

そして、たくましくなっていくのでしたlovely
IMG_0393.jpg


アメリカのしかも島の中でのトレーニングのため、
リードはつけたり外したりしながらのトレーニングです。
(しかも、家の鍵もかけないぐらいの治安です。)

日本では、交通事情やマナーの点からオススメはできませんけどね。
犬とのだいぶ自由な関係づくりが体験できましたsmile


スタディ・ドッグ・スクール
ドッグトレーナー 長谷川




アメリカでの日々 猫馴致

だいぶ間隔があいてしまいましたが、
スタッフの長谷川がアメリカのサービスドッグ育成団体での体験記の続きですhappy01

以前までの内容はこちら

お散歩中、猫を見つけると追いかけようとするワンコは多いのではないでしょうか。
しかし、サービスドッグがそんなことをしてしまっては、ユーザーが怪我をするなど危険ですwobbly

そこで、サービスドッグの候補犬たちは、↓このようにして猫たちと触れ合い、馴れていきます。
まずは、犬と猫の両者にとって安全でなくてはならないので、網越しにご挨拶。

ニャンコを無理に出すことはしなく、自然と出てくるのを待ちますconfident
IMG_0288.JPG

猫馴致.jpg

そして、両者の反応を見て、安全であることが確認できたら・・・
リード付きでご挨拶dogcat
IMG_0291.JPG

上手にステップを踏むことで徐々に馴れていきます。

↓の写真は、我が家の様子ですcatface
20090822200534516.jpg
昔の写真ですが、年をとった今でも一緒に遊ぼうとします・・・。

そして、なぜか猫を注意すると、タンポポが注意を促すことを学習しました・・・。
テレビの画面が傷つくのを避けるために、私が「まーちゃん(猫の名前)annoy」と注意すると・・・

ご興味のある方は、↓こちらの動画をどうぞ。


これも未だにします(笑)。


スタディ・ドッグ・スクール
ドッグトレーナー 長谷川


このページのトップへ