映像で見るスタディ・ドッグ・スクール
学ぶ パピークラス グループレッスン キッズワンクラス
遊ぶ・交流する 子犬の幼稚園 お困り犬レッスン
遊ぶ・交流する ファンクラス SDSフレンズ
  • お客さまの声
  • PC・携帯で学ぶ
  • よくある質問
  • 鹿野先生のWan!ポイントアドバイス
  • トレーナー養成講座

HOME > SDSからのお知らせ > アーカイブ > 2015年10月

SDSからのお知らせ 2015年10月

2015年11月のファンクラス

2015年11月のファンクラス
☆離れた場所でも出来るんです!!☆「遠隔操作を教えてみよう!!」
11月のFun Classでは、離れた場所でワンちゃんをコントロールする「遠隔」を使ったゲームです。牧羊犬などが代表的な例ですが、人間から離れた場所で人の思うように羊の群れを統率し誘導します。
日常生活では離れた場所でワンちゃんをコントロールする状況は少ないと思いますが、ドッグランなどに遊びに行くと実感するはず・・・呼んでも来ない・言うことを聞かない・・・などなど。
実は、離れた場所でスワレなどのトレーニングをしていないので、犬側からすると離れた場所でコントロールされる経験が少なく、また、自分の都合の良いよう に解釈する動物なので、リードから解放されると自由だと勘違いしやすく、結果、コントロールが利かなくなる状況が出てきます。遠隔操作を覚えさせること で、飼い主から離れた場所でもコントロールされることを学び、また、ゲームを通して楽しいことも教えてあげましょう!
※お申し込み開始は10/26となります。
詳しくはこちら

スタディ・ドッグ・スクール® 継続セミナー 「イヌを知る ~互いが幸せに暮らすために~」5章開催決定!

スタディ・ドッグ・スクール® 継続セミナー 「イヌを知る ~互いが幸せに暮らすために~」
第5章 「ストレスは本当に“悪”なのか?」開催決定!
生体にとってストレスを受けることは、その種類によっては悪い影響も与えます。しかし、ストレスの全てが悪いものではなく、重要なことはその対処方法です。それは犬でも例外ではなく、犬にとっての適切なストレス対処はどのようにすればよいのでしょうか?
【日時】:2015年12月6日(日)
【プログラム】
第1節:正しくストレスを理解しよう
講師:三井翔平(正平)(学術博士)
時間:10:00~12:00
概要
「ストレス」の無理解による行き過ぎた嫌悪や回避は結果として何もさせないという選択に繋がる可能性もあります。でも、「ストレス=かけてはいけないもの」と言う考えが誤りだとしたらあなたはどう思いますか?本講義では動物のストレス応答システムや感じ方など「ストレス」を正しく理解することを目的とします。
 
第2節:家庭犬のストレスマネージメント
講師:鹿野正顕(学術博士)
時間:13:00~15:00
概要
飼い主は、言葉を話さない犬のストレスを理解し適切な対応をしてあげなければなりません。今回の講義では、犬が受けやすいストレスを知り、人社会で生活していくための適切な対処について考えてみます。

懇親会
時間:15:30~17:00
講師に質問して、さらに知識を深めることができます。また、ドッグトレーナーや飼い主さん同士でコミュニケーションを図り、様々な情報交換をしましょう。

開催場所
神奈川県相模原市中央区氷川町3-3 コーポオクモリ1F スタディ・ドッグ・スクール®相模原店
※各種交通機関をご利用ください。
※お車でのご来場の際は、近くのコインパーキングをご利用ください。
※ワンちゃんを連れてのご参加はできません

【料金】(懇親会参加費含む)
 一般 12,000円/SDSフレンズ会員 10,000円

申し込み開始
申し込み受け付けは2015年11月2日(月)からとなります。

お申し込み(お問合せ)
メールまたはFAXにて 住所・氏名・電話番号 をお知らせ下さい。   
定員(30名)に達し次第お申込み終了となります。予めご了承下さい。
E-mail:sds@animallifesolutions.com
FAX:042-712-9148(TELも共通)

スタディ・ドッグ・スクール® 継続セミナー  「イヌを知る ~互いが幸せに暮らすために~」

 人と犬が互いに幸せに暮らしていくためには、「人が犬を学び、犬が人社会のルールを学ぶ」必要があります。しかし、犬に関する総合的な知識や犬という生き物への正しい理解は、一般のみならず専門家の間でも広く認知されていません。そこで、スタディ・ドッグ・スクール®では、日本における人と犬のより良い共生社会を目指すべく、より学術的な知見から犬に対する正しい知識の情報提供を継続セミナーで行っていきます。

継続セミナーの特徴
 犬の生態や行動特性は、祖先であるオオカミのそれを参考に考えられてきましたが、様々な研究から、今まで信じられてきた犬の生態や習性、人との関わり方には様々な誤りがあることがわかってきました。そのため、犬という生き物を正しく理解するためには、学術的な知見に基づいた犬の生態や行動特性を知り、もう一度、犬という動物を見直す必要があります。スタディ・ドッグ・スクール® 継続セミナーの講師たちは、日本でも数少ない「犬の行動」、「人と犬の関係」、「犬のしつけ方・トレーニング」の分野で博士号を取得し、現在でもトレーナーとして活躍している専門家集団であるため、他のセミナーやトレーナーからは教わることができない学術的な知見や、幅広い経験から得た技術を学ぶことができます。また、スタディ・ドッグ・スクール® 継続セミナーでは、講義を受けるだけではなく、参加者や講師と親睦を深め、さらにより深い情報交換ができる懇親会を開催いたします。


1

« 2015年9月 | メインページ | アーカイブ | 2015年11月 »

このページのトップへ