HOME > 講師 > 鹿野 正顕(学術博士)
Masaaki Kano Ph.D.

講師

< 長谷川 成志(学術博士)
Masashi Hasegawa Ph.D.
  |  一覧へ戻る

鹿野 正顕(学術博士)
Masaaki Kano Ph.D.

麻布大学介在動物学研究室(旧 動物人間関係学研究室)にて、人と犬の関係、特に犬の問題行動やトレーニングの研究を行い、人と犬の関係学の分野で日本初の博士号を取得。

麻布大学卒業後、人と動物の関係に関する専門家やドッグトレーナーの育成を目指し、株式会社Animal Life Solutionsを設立。犬の飼い主教育を目的としたしつけ方教室「スタディ・ドッグ・スクール」の企画・運営を行いながら、ドッグトレーナーとしても指導にも携わっている。

2009年には世界的なドッグトレーナーの資格であるCPDT-KAを取得。
スタディ・ドッグ・スクール 代表
株式会社 Animal Life Solutions (ALS)代表取締役社長
日本ペットドッグトレーナーズ協会(JAPDT)
理事・事業企画委員
動物介在教育療法学会(ASAET)
理事
CPDT-KA(Certified Professional Dog Trainer - Knowledge Assessed)

主な講師とセミナー
学校法人 中央工学校 中央動物専門学校 動物共生研究科 非常勤講師
NPO法人日本ペットドッグトレーナーズ協会
 カンファレンス 講師(2008,2012)
 市民公開講座 「集合住宅での犬の飼い方・しつけ方」 講師 (2013)
学校法人中村学園 ちば愛犬動物フラワー学園 特別講師  
公益社団法人 日本愛玩動物協会
愛玩動物飼養管理士 動物行動学 講師
◆ 中学生・高校生のための学会「サイエンスキャッスル」 セミナー講師(2013)
非破壊検査協会 第4回シンポジウム 講師
NPO法人動物介在教育・療法学会 講師 (2013)
◆ 越谷レイクタウンecoウィークイベント
 犬のしつけ方・飼い方講座講師(2011,2012)
◆ 江東区ペット可マンション ペットクラブ
 犬のしつけ方・飼い方講座講師 (2011)   
◆ スルガ銀行 d-labo セミナー講師 (2012)

テレビ出演
◆ 2005年 NHK「難問解決!ご近所の底力」番組制作協力 ž
◆ 2006年 日本テレビ 
 報道特捜プロジェクト 「犬の危険な放し飼い…事故多発に意外な盲点 」
◆ 2012年 CSテレ朝チャンネル「いぬ大好き」 
 犬の専門家として犬種の紹介で出演
◆ 2016年4月 NHK BSプレミアム「ザ少年倶楽部 プレミアム」
 犬の専門家としてNEWS手越さんと共演
◆ 2016年6月  NHK総合 助けて!きわめびと 「ココリコ田中の“犬嫌い克服 大作戦”」
 犬の専門家としてココリコ田中さんと共演
◆ 2017年4月  関西テレビ NMBとまなぶくん 「人類最高のパートナー“犬”を徹底解明!”」
 犬の講師として出演
◆ 2017年6月  tv asahi クリームシチューのハナタカ!優越感
 犬の専門家として出演
◆ 2017年9月  tv asahi クリームシチューのハナタカ!優越感
 犬の専門家として出演

書籍/DVD
◆ 「犬の行動学入門
   監修:森 裕司 著:鹿野 正顕/中村 広基   
◆ 「アニマルセラピー入門
  編集:NPO法人 ひとと動物のかかわり研究会 監修:太田 光明
◆ DVD「子犬と暮らす前に 準備と選び方」  
◆ DVD「子犬を家に迎えたら 飼い方・しつけ方
  販売元:アイディーマグネテック株式会社 監修:鹿野 正顕

雑誌掲載
◆ ナース専科
  2007年7月号、8月号、9月号、10月号アニマルセラピーコラム掲載
◆ ペット用品フリーペーパー「ビアンジェ」
  2008年春・夏・秋・冬・年末号犬のしつけに関する記事掲載
◆ 緑書房 小動物獣医師のための臨床総合誌 「CAP」
  2013年6月号~12月号、2014年2月号 子犬のしつけに関する記事掲載
◆ 株式会社 エクスナレッジ 建築知識 犬のための犬づくり
  2017年10月号  記事掲載・監修
◆ 株式会社ベネッセコーポレーション いぬのきもち
  2017年12月号 「多頭飼いで幸せになる人・不幸になる人」 記事掲載・監修

Web掲載
◆ デビフペット株式会社:
http://www.dbfpet.co.jp/life/trainer/  
◆ Pet LIVES:
http://petlives.jp/
◆ スマイヌ:
https://www.sumainu.jp/contents.php?tpl=nina/sikano

論文
◆Oral tyrosine changed the responses to commands in German shepherds and Labrador retrievers but not in toy poodles

◆ 応急仮設住宅における人とペットが共棲する住環境に関する音響特性評価
浅見 樹里*1, 田村 雅紀*2, 金巻 とも子*3, 鹿野 正顕*4, 長谷川 成志*5
*1 工学院大学建築学科4年
*2 工学院大学 准教授
*3 かねまき・こくぼ空間工房/工学院大学客員研究員
*4(株)Animal Life Solutions
ジャーナル:工学院大学総合研究所・都市減災研究センター
 (Research Center for Urban Disaster Mitigation: UDM) 研究報告書 (平成25年度)
 テーマ3 小課題番号 3.1-14

 


< 長谷川 成志(学術博士)
Masashi Hasegawa Ph.D.
  |  一覧へ戻る

このページのトップへ