HOME > 講師 > 長谷川 成志(学術博士)
Masashi Hasegawa Ph.D.

講師

< 岡本 雄太(学術博士)
Yuta Okamoto Ph.D.
  |  一覧へ戻る  |  鹿野 正顕(学術博士)
Masaaki Kano Ph.D. >

長谷川 成志(学術博士)
Masashi Hasegawa Ph.D.

麻布大学介在動物学研究室(旧 動物人間関係学研究室)にて、トレーニング中の犬のボディランゲージの研究を行い、動物人間関係学の分野で学位を取得。

アシスタントドッグ育成普及委員会(H13~17年度 住友生命支援事業)の奨学生としてアメリカの介助犬団体Summit Assistance Dogsに留学し、Certificate of Achievementを取得。

2009年には世界的なドッグトレーナーの資格であるCPDT-KAを取得し、ドッグトレーナーとして精力的に活動しながら、スタディ・ドッグ・スクールの企画運営をしている。

株式会社 Animal Life Solutions 取締役
日本ペットドッグトレーナーズ協会(JAPDT) 会員
Certificate of Achievement / Summit Assistance Dogs
CPDT-KA(Certified Professional Dog Trainer - Knowledge Assessed)

主な講師とセミナー
学校法人 安達文化学園 専門学校ビジョナリーアーツ
 東京校 ペット学科 非常勤講師
上田煌桜学園 さくら国際高等学校 東京校
 ペット&アニマルコース コンサルタント/非常勤講師
相模原・町田大学地域コンソーシアム
 コンソーシアム大学「犬との素敵な暮らし方講座」シリーズ 講師
社団法人 日本愛玩動物飼養管理士 平成27年度 スクーリング 講師
 平成21年度 「支部総会」 講師
相模原市獣医師会相模原市主催
 平成21年度 「犬のしつけ教室」 講師
◆ 第3回 JAPDTカンファレンス 講師

共著書籍
◆「ビジュアルで学ぶ動物看護
 第6章 行動管理・健康管理学 長谷川成志
「アニマルセラピー入門」Part 1 [基礎編] 愛犬の癒す力と気持ちを理解する
「アニマルセラピー入門」Part 2 [実践編] あなたの愛犬がセラピー犬になるまで
◆ 専修学校・動物看護師養成モデルコアカリキュラム準拠 動物看護の教科書
第2巻 第4巻 第5巻

雑誌掲載
wan
 寝ても覚めてもチワワ 2012年7月号
愛犬の友
 2003年9月号 人と犬、一緒に音楽を楽しもう
 2004年2月号 スタディ・ドッグ・スクールの紹介
 2005年1月号 都立公園 愛犬家の「マナーUP活動」
WannyanWalker
 2011年8月号

論文
◆ Dogs’ Body Language Relevant to Learning Achievement Masashi Hasegawa, Nobuyo Ohtani and Mitsuaki Ohta Department of Animal Science and Biotechnology, Azabu University School of Veterinary Medicine ジャーナル:Animals — Open Access Zoology Journal 2014, 4(1), 45-58; doi:10.3390/ani4010045    http://www.mdpi.com/2076-2615/4/1/45
◆ 応急仮設住宅における人とペットが共棲する住環境に関する音響特性評価 浅見 樹里*1,
    田村 雅紀*2, 金巻 とも子*3, 鹿野 正顕*4, 長谷川 成志*5 *1 工学院大学建築学科4年 *2
    工学院大学 准教授 *3 かねまき・こくぼ空間工房/工学院大学客員研究員 *
   (株)Animal Life Solutions ジャーナル:工学院大学総合研究所・都市減災研究センター
    (Research Center for Urban Disaster Mitigation: UDM) 研究報告書 (平成25年度)
    テーマ3 小課題番号 3.1-14

Web掲載
◆ アイリスオーヤマ
http://www.iris-pet.com/wan/dog-training/
◆ デビフペット株式会社
http://www.dbfpet.co.jp/life/trainer/
◆Pet LIVES 犬のしつけQ&A
http://petlives.jp/category/%E7%8A%AC%E3%81%AE%E3%81%97%E3%81%A4%E3%81%91qa

ブログ
Tampopoな犬

< 岡本 雄太(学術博士)
Yuta Okamoto Ph.D.
  |  一覧へ戻る  |  鹿野 正顕(学術博士)
Masaaki Kano Ph.D. >

このページのトップへ