HOME > 講師 > 鹿野 都(旧姓 伊澤)学術博士
Miyako Kano Ph.D.

講師

< 小澤恵子
Keiko Ozawa
  |  一覧へ戻る  |  三井 翔平(正平) (学術博士)
Shouhei Mitsui Ph.D. >

鹿野 都(旧姓 伊澤)学術博士
Miyako Kano Ph.D.

麻布大学介在動物学研究室(旧 動物人間関係学研究室)にて人と犬の関係を学び、主に子どもと犬について研究を進め、2008年に博士(学術)号を取得。
大学院在学中にアニマルセラピーで有名なアメリカニューヨークにあるグリーンチムニーズでインターンを経験し、動物介在介入の最前端を学んだ。
大学院ではに放課後キッズワン教室という子どもと犬が遊びながら学べる教室を研究の成果をもとに運営し、現在ではSDSにて引継ぎ10年以上となる。現在は日本における動物介在教育分野の第一人者として実践と研究に取り組み、プログラム開発や指導を行っている。

特定非営利活動法人動物介在教育・療法学会 動物介在教育指導者養成講座委員、セラピーアニマル評価者養成講座委員、動物介在教育マスターエデュケーター
麻布大学共同研究員

主な講師とセミナー
特定非営利活動法人動物介在教育療法学会   
  動物介在教育指導者養成講座 専任講師
   セラピーアニマル評価者養成講座 専任講師
公益社団法人 日本愛玩動物協会 愛玩動物飼養管理士  動物行動学 講師
帝京科学大学 アニマルサイエンス学科 非常勤講師 セラピーアニマル実習 動物介在教育担当
学校法人安達文化学園 専門学校ビジョナリーアーツ  ペット学科 非常勤講師

テレビ出演
◆2009年 生きる×2「ひとみの中の訓練士」テレビ朝日 インタビュー

書籍
「アニマルセラピー入門」Part 1 [基礎編] 愛犬の癒す力と気持ちを理解する
「アニマルセラピー入門」Part 2 [実践編] あなたの愛犬がセラピー犬になるまで

雑誌掲載
◆2005年 よみうりペットvol.36 しつけ教室に行こう 
◆2005年 ペット倶楽部vol.30 東京版 特集 子どもの成長とペット動物
◆2014年 ONE BRAND vol.51~ コラム「医」「食」「住」「育」「遊」「生」の「育」担当
◆2017年 DOG YARD MAGAZINE no4 働くわんちゃん大集合Part2 教育支援犬

論文
◆「小学1年生を対象とした動物介在教育―生活科で犬とのふれあいから学ぶ―」
伊澤都、萩原都奈、的場美芳子、柿沼美紀、動物介在教育・療法学雑誌 第3巻第1・2号(2012年)、原著
◆「子どもの思いやりの心を育む教育―動物を介在させたプログラム―」伊澤都、江成明美、的場美芳子、太田光明、教育新世界.56:32-38.2008年

Web掲載
◆デビフペット株式会社
http://www.dbfpet.co.jp/life/trainer/
◆Pet LIVES
http://petlives.jp/tag/%e9%b9%bf%e9%87%8e%e9%83%bd

ブログ
「わんこと赤ちゃんと新米ママの奮闘記」
http://ameblo.jp/yawaramiyako/

< 小澤恵子
Keiko Ozawa
  |  一覧へ戻る  |  三井 翔平(正平) (学術博士)
Shouhei Mitsui Ph.D. >

このページのトップへ