映像で見るスタディ・ドッグ・スクール
学ぶ 子犬向けレッスン グループレッスン キッズワンクラス
遊ぶ・交流する 犬の幼稚園 お困り犬レッスン
遊ぶ・交流する ファンクラス SDSフレンズ
  • お客さまの声
  • よくある質問
  • ドッグトレーナーのWan!ポイントアドバイス
  • トレーナー養成講座

HOME > ブログ > グループレッスン > JAPDT ペットドッグパートナーズ試験クラス開催中

ブログ

< 【クリスマス会】開催します!  |  一覧へ戻る  |  さがまちコンソーシアム >

JAPDT ペットドッグパートナーズ試験クラス開催中

環境省が行なった調査では、

『日本人の約4人に1人は、ペットが嫌い』
『犬や猫の糞尿悪臭など、飼い主のマナーが悪い」

などなど、ペット飼育に対して悲観的な調査結果も見え隠れしております。

私は犬や猫が大好きです。

でも、一方では嫌いな方もいたり、本当は好きなんだけど、
アレルギー反応が出てしまって触れないとか、同じ空間にいられない。
という方もいます。

(ちなみに、我が家の次女は犬や猫のアレルギー持ちです・・・)

こういった、ペットの関わる問題がクローズアップするのは、

『災害時のペットとの同行避難した時』

さらに、『散歩中、犬が吠えかかって通行人を転ばせてしまい怪我を負わせてしまった!!』
なんていう時、裁判沙汰で敗訴するのは飼い主さんです。

人と長い歴史を共にして来た犬であっても、やはり動物ですから、
野性の感覚がゼロ、というわけではありません。

「しつけは必要ですか?」と言う質問を受けることがありますが、
答えは1つ。

『絶対に必要です!!』

これは、人のためだけでなく、犬たちのためにも。

特に災害時に、急に慣れていない場所に連れて行かれた犬たちは、
必ずといっていい程、下痢や嘔吐をします。

阪神淡路大震災の時、外科的な処置よりも内科的な処置を必要とした犬たちがほとんどでした。

「ストレス」となる刺激を受け続けるのは良いことではありませんが、
「ストレス」を定期的に受け、それを跳ね除ける経験を積むことは、悪いことではありません。

何故ならストレス耐性が身につくから。

言い換えると、新しい経験(環境)への適応能力が身につく、ということです。

そういった経験は、地震などの有事の際だけでなくても、
ドッグランやドッグカフェ、そして犬との旅行などの時にも必ず役立ちます。

お座りや伏せといったコマンドを教えて、それを生活の様々な場面で活用すると言うことも
とても大切ですから、SDSグループレッスンの中では、そういったトレーニングを重ねますが、
それと同じぐらい大切なことは、しつけ教室の場所に来る、と言うこと。

そして、そこで様々な刺激を与えて慣れる経験を積むことと、
飼い主さん自身が慣らす方法を身につけなければなりません。

これができれば、新しい場所に行っても同じステップを踏みながら、
犬達にその環境への安心感を経験させてあげることができるのです。


現在、JAPDTのペットドッグパートナーズ試験対策クラスを実施しています。

今日の練習内容は、
健康管理がしやすいように『体を触っても嫌がらないようにする』

柴犬 体を触っても嫌がらない

犬が逃げてしまっても戻って来るように『首輪が持てるところまで、呼び戻しをする」
ヨーキー 呼び戻し

して欲しい場所で、指示が聞けるように『オスワリ、フセ、タテへの言葉への理解』
ヨークシャーテリア オスワリ

といった内容でした。

みなさん、とても一生懸命にトレーニングしております!!
その熱心な経験が必ず実生活に生きて来ますので、その調子で頑張りましょう。


スタディ・ドッグ・スクール
ドッグトレーナー 長谷川



カテゴリ:

< 【クリスマス会】開催します!  |  一覧へ戻る  |  さがまちコンソーシアム >

同じカテゴリの記事

グループレッスンの良いところ。

グループレッスンの良いところは沢山あります。

その1つに、他の犬とお友達になれる。という点ですhappy01

初めはお互いに距離をとっていても、近付き方や一緒の空間を共有する方法を飼い主さんが学び実践することで、
他の犬が側にいることが平気になり、徐々に相手の犬に興味を抱き、コミュケーションのきっかけ始まります。

ポメラニアンとシュナウザーの挨拶.jpg

スタディ・ドッグ・スクールでは、犬同士が仲良くなることを目標にしているわけでなく、
レッスンを通して「他の犬がいても、過剰に興奮したり怖がったりしないようになること」が第一だと考えています。

何故なら『ドッグランなどで他の犬に追いかけ回された経験によって、他の犬が苦手になった』なんていう犬の場合、
どんな犬とでも仲良くさせようとすること自体が負担になってしまうからです。

しかし、そんな犬でもグループレッスンで適切な経験を通すことで、他の犬に徐々に馴れてきます。
そしてこれは、個別レッスンや出張トレーニングでは、経験をさせることがとても難しいのです。

もちろん、いきなり頭数が多いグループレッスンでは、何もできなくなってしまう犬もいますので、
そういった場合には、個別レッスンから始めることで、スムーズに他の犬への社会化トレーニングが始められます。


スタディ・ドッグ・スクール
ドッグトレーナー 長谷川





リードに頼らないトレーニング(Master Class)

Master Classの1つの目標に、『リードに頼らないトレーニング』というものがあります。

A00_0727.JPG

これは決してノーリードでの散歩を推奨するものではなくって、
普段からどれだけリードに頼っているのかを実感してもらい、
A00_0723.JPG

犬の意識を向けるために必要となる声かけや、
体を動かしたハンドリング技術を身につけることが目的の練習ですhappy01

A00_0748.JPG

オモチャやフードのにおいがついた器があったって、きちんと飼い主さんの所に行きますhappy02

素晴らしいsign03

この調子で練習頑張りましょうgood

スタディ・ドッグ・スクール
ドッグトレーナー 長谷川

新Basic Class Ⅰのワンコ紹介

先週から始まりました、新クールのグループレッスン。

今日も皆さん楽しくトレーニングされていますhappy01
本日は、新たにBasic ClasssⅠに参加され始めたワンコたちをご紹介します。

コーイケルホンディエのジョニー君 2歳shine
A00_0620.JPG

ゴールデンドゥドルのプラニィちゃん 7ヶ月heart
A00_0622.JPG

ゴールデンレトリーバーのレオ君 3歳sun
A00_0663.JPG

シーズーのつぶ君 1歳shine
シーズーのつぶ君.jpg

パピヨンのサラちゃん 1歳heart02
A00_0655.JPG

ポメラニアンのチップ君 7歳sun
A00_0639.JPG

マルチーズ×チワワの遥君 2歳heart01
A00_0628.JPG

M・シュナウザーのケリーちゃん 2歳shine
A00_0630.JPG

パピヨン×チワワのココちゃん 1歳heart04
パピヨン ココちゃん.jpg


トイ・プードルの白豆ちゃん 1歳sun
トイプー 白豆ちゃん.jpg


と総勢10頭のワンちゃんたちが参加中です!!

犬のしつけ方教室に通うのは、何歳になってからでも遅くありませんし、
むしろ高齢犬のボケ防止に最適ですhappy01

昔通っていて、老犬になったワンコたちも是非もう一度レッスンを受けてみましょう。
新たな発見があるかもsign02

スタディ・ドッグ・スクール
ドッグトレーナー 長谷川




本日からグループレッスン開始です!!

本日から夏明けのグループレッスンが開始されましたsign03

久しぶりに会う皆さんは、とても元気そうで何よりです。

このお写真はMaster Classの様子です。
A00_0666.JPG

犬と目線を合わさずに、オスワリやフセ、タッテの指示出す練習ですhappy01
A00_0669.JPG
↑飼い主さんは、遠くを見ていて目線を合わせていません。

いつも目線を合わせて指示を出す練習をすると、目線が合っていない時には指示が聞けないようになります。

Master Classまで来ると、犬とアイコンタクを取るのは練習するまでもなく自然とできてしまいますが、
でもこれが指示を出す前の絶対条件になってしまうと、犬たちは、一生懸命に人の顔を覗き込もうと頑張ってしまいます。

そこで本日は、名前を呼んだり目線を合わさなくても犬が常に飼い主さんに意識を向け、
飼い主さがんそっぽを向いていても「オスワリ」や「フセ」などに反応する練習をしました。

困惑気味だった犬たちも、だんだん理解し始めて出来るようになって来ましたhappy02
少しマニアックな練習ですが、出来るようになると犬の人に対する意識の向け方が変わります。


スタディ・ドッグ・スクール
ドッグトレーナー 長谷川


しつけ方教室【9月スタート】募集中!

じめじめと蒸し暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしですか?
お散歩に行けず、運動不足になっているワンちゃんも多いかもしれませんね(:_;)

さて今日は、9月から始まるグループレッスンのご案内です!
グループレッスンとは、飼い主様とワンちゃんが一緒に通うスタイルの教室です!

・興味があるけど今まで行く機会がなかったワンちゃん…
・犬と何か始めてみたいなと思っている飼い主様…

大歓迎です!!!

オスワリやフセといった基本的なトレーニングはもちろん、テキストを使いながら犬の生態/しつけに関する原理や基礎について、
ワンちゃんだけでなく人も一緒に学べる内容となっております!

犬 しつけ教室

犬 しつけ方

もちろん、パピークラスを卒業したワンちゃんや、幼稚園に通っているワンちゃんなどなど、、、ぜひご参加ください!

ベーシッククラスⅠからご参加いただくことになりますので、みんな足並みそろえてスタートできます!

ベーシッククラスについて】
●日程(全8回コース)
①9月7日
②9月14日
③9月21日
④9月28日
⑤10月5日
⑥10月12日
⑦10月19日
⑧10月26日

●開催時間 14:30~15:30

●料金
SDSフレンズ会員 ¥16,800
非会員 ¥25,600
※ベーシッククラスⅠのみテキスト代¥1,200

☆詳しくはお問い合わせください!



ドッグトレーナー 鈴木

このページのトップへ