映像で見るスタディ・ドッグ・スクール
学ぶ 子犬向けレッスン グループレッスン キッズワンクラス
遊ぶ・交流する 犬の幼稚園 お困り犬レッスン
遊ぶ・交流する ファンクラス SDSフレンズ
  • お客さまの声
  • よくある質問
  • ドッグトレーナーのWan!ポイントアドバイス
  • トレーナー養成講座

HOME > ブログ > グループレッスン > 高度なクラスのMaster Class

ブログ

< 立て続けに出演させていただきました♪  |  一覧へ戻る  |  今月も神奈川県動物愛護センター >

高度なクラスのMaster Class

スタディ・ドッグ・スクールグループレッスンのうち、
最終クラスとなるMaster Classでは、リードに頼らないレッスンを行っています。
A00_0637.JPG

勘違いしないでいただきたいのは、「ノーリードで散歩する」ことを推奨しているわけではありません。

リードは犬の安全を守る、いわば散歩中のシートベルトのような役割ですから、装着してでかけることは当然のことです。
(さらに、世の中には犬が嫌いな人もいますから、周りへの配慮としても必要です。)

ただ、犬との暮らしが長くなると、犬をリードでコントロールすることが、当然になってきます。
これって実は、犬の体に負担ばかりをかけて、人が楽をしているだけ。というパターンも結構あるんです。

例えば、散歩中の犬の引っ張りを抑える、拾い食いを抑えるなど、
日常的にやめてほしい行動は、全てリードを使って制御しているだけで、
きちんと学習させているわけではない、ということです。

A00_0645.JPGwobbly

つまり、人が努力できる余地は沢山あって、リードが使えなくなくなると、
その課題が顕著に分かるようになってくる、という訳です。

これは、Master Class以前のBasic ClassAdvance Classの下積みがあってこその練習ですから、
極端な話、子犬にこの練習をしたところで、逆効果ですから止めてくださいね

子犬の頃は、なにより社会化トレーニングです。
Puppy Classへ


スタディ・ドッグ・スクール
ドッグトレーナー 長谷川


カテゴリ:

< 立て続けに出演させていただきました♪  |  一覧へ戻る  |  今月も神奈川県動物愛護センター >

同じカテゴリの記事

お久し振りでした2!

お久し振りでした!パート2!

先日、ノーフォークテリアのりんたろう君が遊びに来てくれました。

A00_0615.JPG









幼稚園グループのレッスンに通っていただいておりましたが、1年以上ぶり!

大変お久し振り(*^_^*)

スタッフ(&スクール)のことを覚えてくれていたようで、入ってきた瞬間大喜びでした。

実は、ベーシッククラスで使っているテキストの中にも登場していて、モデルとして協力してもらっています。

【トイレのしつけ】

IMG_8281.JPG











【ホールディング】

IMG_8282.JPG











このころはまだ1歳前の子犬でしたが、もうすっかり大人のりんたろうくんでした。

2週連続でお久し振りの飼い主さんとワンちゃんにお会いできてうれしかったです!


ドッグトレーナー 鈴木

今日も元気にグループレッスン!!

いやー、生憎の天気ですね〜。

グループレッスンにいらっしゃった犬たちも、いつもより元気いっぱいですhappy02

朝から散歩に行けなかった時や、元気な犬たちが集まるクラスによっては、
まず運動してから始めたり、おやつ探しゲームなどをして、
動きたい欲求を満たしてからトレーニングスタートですup

本日午前中のBasic Ⅰでは、ハウスに入るトレーニングをしました。

つい先日、東日本大震災から10年の節目を迎えました。
今でも心の傷が癒えない方もたくさんいらっしゃると思います。
(余談ですが、私長谷川は仙台出身で、宮城県には沢山の知り合いがおりますので、
とても心配したことを思い出します。)

当時、沢山の犬たちが人と同じように被災し、同行避難を余儀なくされました。
そこで重要になったトレーニングの1つが、この『ハウストレーニング』です。

地震が来た時、人は机やテーブルの下など、とっさに身を守れる場所に逃げ込みますが、
犬たちは、一体どこに逃げたらいいのでしょうかsad

そんな時のために、普段から安心して休める場所として、屋根のあるクレートを準備し、
その中に入るトレーニングをしておくと、とっさな時にはその場所に逃げ込み、
家具などが倒れてきたとしても、身を守ることができる、というわけです。

こんな感じに。
A00_0612.JPG

A00_0611.JPG

上手にステップを踏みながらトレーニングすると、初めは中に入れなかった犬たちでも、
外に出たくなくなるぐらい、ハウスの中が好きになって行きますlovely

みんさんも是非、グループレッスンに通って一緒にトレーニングしましょう。
次回のBasic ClassⅠの参加者を絶賛募集中でーす。

スタディ・ドッグ・スクール
ドッグトレーナー 長谷川



新クールの参加犬の紹介

先週末の1月30日から新しくグループレッスンが始まりました!!

そこで、毎回恒例のBasic Class Ⅰ参加者紹介をしたいと思います。

つくねくん (ポメラニアン)
A00_0602.JPG

テディくん(トイプードル×ポメラニアン)
A00_0596.JPG

こまちちゃん(ポメラニアン)
A00_0600.JPG

むぎくん(トイ・プードル)
A00_0606.JPG

くうくん(ヨークシャー・テリア)
A00_0592.JPG

以上の、5頭のワンコたちで新たなBasic Classがスタートしました。

初めは犬たち自身、犬同士の距離が掴めなかったり、
どのようにコミュニケーションを取ったらいいものか分からなかったりですが、
徐々に経験値を積むことで、犬慣れや人馴れが始まって行きますscissors

とにかく地道に、飼い主さんとのコミュニケーションをより良いものにしながら、
他の犬や人への社会性も身につけていきましょうhappy02


スタディ・ドッグ・スクール
ドッグトレーナー  長谷川

Master Classの様子

皆さんお元気ですか〜happy01

来週から急に寒くなるようなので、風邪などひかないように気をつけないとですね。

さてさて、スタディ・ドッグ・スクールでは今日も元気にグループレッスンを実施中です。

今回のクールでは、マスタークラスの開催があり、
皆さんの熱のこもったトレーニングが繰り広げられています。

マスタークラスの初めは、リードに頼らないハンドリングをしています。

ゆったりとリードを持ってあるく練習もバッチリになってきました。
A00_0290.JPG

A00_0292.JPG

そんな中、沢山の誘惑がある中でのリードを外してコントロールするトレーニングを実施中sign03

A00_0304.JPG

皆さん、自分の犬が誘惑に行ってしまうんじゃないかと、ハラハラしながらトレーニングしていますが、
そのハラハラがまた、きちんとハンドリングする結果につながったりもします。

マスタークラスは、アドバイスクラスの卒業生を対象に行うクラスです。
2回、3回と繰り返しレッスンを受講される方も多くいらっしゃいます。

是非、皆さんのチャレンジしてみてくださいね
お待ちしております。


スタディ・ドッグ・スクール
ドッグトレーナー  長谷川

2020年最後のクールスタート!!

2020年は、なんだかとてもあっという間でしたねぇcoldsweats02

スタディ・ドッグ・スクールのグループレッスンは、
コロナ対策としての3蜜を避けるべく、
頭数と人数制限を設けての実施となっていますpaper

皆様には、ご協力いただき誠にありがとうございます。

そんな中、今年最後のグループレッスンのクールがスタートしました。
本日は、今回からBasic Class Ⅰにご参加される犬たちをご紹介sign03

クマくん(ポメラニアン)
A00_0528.JPG

ベルちゃん(フレンチブルドッグ)
※本日のお休みだったため、幼稚園のお写真になります。
img_6203 (1).JPG

アシュリーくん(オーストラリアン・ラブラドゥードル)
A00_0529.JPG

海音くん(チワワ )
A00_0532.JPG


ディーゴくん(ポインターMix)
A00_0525.JPG

少人数でのグループレッスンですので、しっかりみっちりトレーニングしていきますよ〜happy02

コロナに負けずに、がんばろーsign03


スタディ・ドッグ・スクール
ドッグトレーナー  長谷川

このページのトップへ