映像で見るスタディ・ドッグ・スクール
学ぶ 子犬向けレッスン グループレッスン キッズワンクラス
遊ぶ・交流する 犬の幼稚園 お困り犬レッスン
遊ぶ・交流する ファンクラス SDSフレンズ
  • お客さまの声
  • よくある質問
  • ドッグトレーナーのWan!ポイントアドバイス
  • トレーナー養成講座

HOME > ブログ > グループレッスン > 犬と一緒にイス取りゲーム

ブログ

< 最近の我が家犬たち  |  一覧へ戻る  |  ご報告 >

犬と一緒にイス取りゲーム

今日のレッスンでは、犬と一緒にイス取りゲームにチャレンジしてみました。

実際に行なってみたのは、ベーシッククラスⅢに参加する飼い主さんとワンちゃんたちです!

このゲームはK9ゲームという犬と一緒に行なうゲームの中の1つの競技です。

K9ゲームは、椅子取りゲーム、徒競走、ダンス…など9つのゲームをチーム対抗戦で行なうもの!
犬が人と一緒に暮らすために必要な資質やマナーを、楽しく身に着けられることを目的としております。

イス取りゲームはミュージカルチェアと言われる競技になります!

まずは、音楽が流れている間、飼い主さんは犬と一緒にイスの周りを歩きます。

ミュージカルチェア①.jpg











音楽が止まったら、犬をオスワリさせ、飼い主さんだけ椅子をとりに行きます。
このとき、犬は動いてはいけません。
動いてしまったら、犬のところに戻って、再びオスワリをさせなければいけないので、その間にイスをとられてしまいます。

IMG_6712.JPG











ほぼ初めての挑戦でしたが、とっても上手にできてびっくり!
・ほかの犬が近くを歩いていても過剰に反応しない
・飼い主さんの歩くペースに合わせて歩く
・オスワリマテで飼い主さんが離れても動かないでいられる
などなど

今までの積み重ねで身に着けた結果です!
素晴らしい☆

犬と楽しい時間が過ごせました~


ドッグトレーナー 鈴木

カテゴリ:

< 最近の我が家犬たち  |  一覧へ戻る  |  ご報告 >

同じカテゴリの記事

おしりにプスプス♪(グループレッスンの様子)

今週末も皆んなで元気にグループレッスンですwink

本日のベーシッククラスⅡの内容は、「ワンちゃんのバイタルサインを知ろう」です。

皆さんは、ご自宅のワンコの平熱を知っていますか?

最近は、コロナ禍の影響で体温を計る機会も増えましたので、
スタディ・ドッグ・スクールのスタッフの体温のチェック表をみたり、
ご来店時に体温を測らせていただくことがあるため、
改めて実感しているところですが、『人によって平熱がちがう』ということです。

そして、当然犬もそれぞれ違う。ということ。

平熱を知ることで、犬が発熱してしているのかどうかを判断することができます。

では、どうやって測ったら良いの?? というのが、今回の授業の内容(一部)です。
ダックス 検温.JPG

チワワ 検温.JPG

トイプー 検温.JPG

パピヨン 検温.JPG

フレブル 検温.JPG

みなさん「ここでいいんですかぁ?」と不安なご様子でしたが、
ご自身のワンコの、今の体温を知ることができました。

そしてこの他にも、心拍数や呼吸数の測り方を学んでいただきましたぁhappy01


スタディ・ドッグ・スクール
ドッグトレーナー  長谷川

高度なクラスのMaster Class

スタディ・ドッグ・スクールグループレッスンのうち、
最終クラスとなるMaster Classでは、リードに頼らないレッスンを行っています。
A00_0637.JPG

勘違いしないでいただきたいのは、「ノーリードで散歩する」ことを推奨しているわけではありません。

リードは犬の安全を守る、いわば散歩中のシートベルトのような役割ですから、装着してでかけることは当然のことです。
(さらに、世の中には犬が嫌いな人もいますから、周りへの配慮としても必要です。)

ただ、犬との暮らしが長くなると、犬をリードでコントロールすることが、当然になってきます。
これって実は、犬の体に負担ばかりをかけて、人が楽をしているだけ。というパターンも結構あるんです。

例えば、散歩中の犬の引っ張りを抑える、拾い食いを抑えるなど、
日常的にやめてほしい行動は、全てリードを使って制御しているだけで、
きちんと学習させているわけではない、ということです。

A00_0645.JPGwobbly

つまり、人が努力できる余地は沢山あって、リードが使えなくなくなると、
その課題が顕著に分かるようになってくる、という訳です。

これは、Master Class以前のBasic ClassAdvance Classの下積みがあってこその練習ですから、
極端な話、子犬にこの練習をしたところで、逆効果ですから止めてくださいね

子犬の頃は、なにより社会化トレーニングです。
Puppy Classへ


スタディ・ドッグ・スクール
ドッグトレーナー 長谷川


今日より新クールがスタートです!!

関東もいよいよ梅雨明けですsun
いやー、晴れたら暑いですねぇ。

さてさて、本日より新しいグループレッスンがスタートしました。
そこで、今回のクールより新たにグループレッスンにご参加いただくワンコをご紹介して参ります。

ホワイト・スイス・シェパードのゼルダちゃん
A00_0333.JPG

チワワの天くん
A00_0308.JPG

チワワのまりんちゃん
A00_0329.JPG

オーストラリアン・ラブラドゥードルのモコナちゃん
A00_0311.JPG

スタンダード・プードルのめるちゃん
A00_0313.JPG

トイ・プードルのあんちゃん
トイプードル あんちゃん.JPG

現在、スタディ・ドッグ・スクールでは3密を避けるために、
ご参加組数を制限しての実施となっております。

次回クールまでお待ちいただいている皆さん、申し訳ございませんbearing

犬に関する知識って、youtubeなんかでも探せばたくさん出てきましたよねぇ。
だけど、ご自身の犬に合った内容を学ぶには直接トレーナーから指導を受けるのが一番。

そしてなにより犬の成長には、『よい経験を積む事』が欠かせません。

スタディ・ドッグ・スクールでは、一頭一頭に合ったアドバイスをしますので、
皆さんとワンコとの強い味方です。

次回のグループレッスンの開始は10月となっておりますので、
少しでもご興味のある方は、ご連絡お待ちしております。

お問い合わせ



スタディ・ドッグ・スクール
ドッグトレーナー  長谷川

今日も元気にグループレッスン

いやー、ジメジメする〜〜rain

雨がやんだと思って散歩に行っては、雨に降られ・・・coldsweats02
降り方も弱まったかと思うと、突然強まったりと、ハッキリしなーい天気で嫌ですねぇ。

そんな日でも、犬たちは元気sign03

元気な犬たち、運動して疲れさせることばかり考えていませんか?
実は犬たちも、人と同じように気疲れします。

つまりは、行ったことのない場所に連れていくだけでも、
精神的につかれるので、夜ぐっすり寝てくれたりしますsleepy

3密を避けるために、積極的にお出かけをオススメはできませんが
ホームセンターに一緒に行ってカートに乗せたり、
単に車に乗せてでかけて、人の買い物中に車内で待機させたりと、
休日だからこそできる経験をさせてみてください。
結構疲れて、家に帰ったらぐっすり休んでくれるはずsign03 です。
(※車内での待機には、車内温度の管理をしてクレート待機が理想です。)

そして、スタディ・ドッグ・スクールのグループレッスンもその1つ。
普段とは異なる場所で新しい経験を積むことは、ワンコの精神的な成長につながります。

色々な経験を積んだワンコは、ストレス耐性ができますから、
ちょっとやそっとのことでは動じないワンコになります。

いつ災害が来て同行避難を余儀なくされるか分かりませんからねぇ。
いつもとは違う経験をどんどん積ませいきましょうrock

本日のアドバンスクラスでは、スクールのハウスに入って待機をする練習。
しかも、飼い主さんが途中で姿を消してしまいます・・・smile
A00_0686.JPG

吠えずにおとなしーく待機して、犬たちには安心感を体験してもらう。
犬たちには、とても大切な経験です。

A00_0687.JPG

スタディ・ドッグ・スクール
ドッグトレーナー 長谷川

ジュニアクラスもいいけど、ベーシッククラスも良いですよ。

スタディ・ドッグ・スクールでは、
犬たちの成長に応じたトレーニングができるように、
6ヶ月齢までのパピークラス、そして6ヶ月〜1歳までのジュニアクラスを行っています。

パピークラスでは、犬同士やご家族以外の人にも慣れる経験を、
問題行動が起きやすいジュニアクラスの時期には、我慢の経験を主につみます。

そして、この2つの経験をマルッと全て網羅しているクラスが、ベーシッククラスになります。
A00_0182.JPG

実のところ犬たちは、常に犬同士の関わり合いを続けていき、
2歳にしてやっと、犬としての一通りの行動パターンを身につけると言われています。

ですから、たまにしか他の犬との関わり合いも持たない犬となると、尚のこと経験不足と言えます。
経験が浅い犬は、散歩中に他犬を見ると興奮したり、吠える事を止めてくれません・・・。

ということは自分の犬が、他の犬に適切な対応ができるようになるためには、最短でも2年はかかるということです。

現在、ジュニアクラスは満員御礼のため、1ヶ月以上お待ちいただく状況です。
お待ちいただいている皆様には、ご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんbearing

もし、ご自身のワンチャンが6ヶ月〜1歳で、ジュニアクラスがいっぱいだからといっても参加を諦めてないでください。
ベーシッククラス幼稚園があります。
ベーシッククラスは成犬向けではありますが、ジュニアクラスに入れる年齢の犬も参加することができます!!)
犬同士の遊び(幼稚園).jpg
※幼稚園のフリープレイの様子
(適切な行動パターンが見るつけられるように、犬同士の体格や性格を見て犬同士の組み合わせを変えていきます。)

特にベーシッククラスは少し長丁場なレッスンプログラムですが、
20年ほど前の麻布大学時代から始まった由緒あるレッスンプログラムになります。

テキストを使いながら、犬の行動学についても少し触れていきますので、
飼い主さんの知識も深めることができます。
IMG_1538 (480x640).jpg

IMG_1539 (480x640).jpg

犬たちにじっくりと沢山の経験をさせるために、是非ご参加ください。
お待ちしております。


スタディ・ドッグ・スクール
ドッグトレーナー長谷川


このページのトップへ