映像で見るスタディ・ドッグ・スクール
学ぶ 子犬向けレッスン グループレッスン キッズワンクラス
遊ぶ・交流する 子犬の幼稚園 お困り犬レッスン
遊ぶ・交流する ファンクラス SDSフレンズ
  • お客さまの声
  • PC・携帯で学ぶ
  • よくある質問
  • 鹿野先生のWan!ポイントアドバイス
  • トレーナー養成講座

HOME > SDSからのお知らせ > eラーニング > 「犬の問題行動は何が"問題"なのか?~知るべき原因と発想の転換~」を公開しました

SDSからのお知らせ

< スタディ・ドッグ・スクールオンライン新コンテンツ追加のお知らせ  |  一覧へ戻る  |  子ども対象☆キッズワンクリスマス会開催します! >

「犬の問題行動は何が"問題"なのか?~知るべき原因と発想の転換~」を公開しました

スタディドッグスクールオンラインに長谷川成志が講師を務めた「犬の問題行動は何が“問題”なのか?~知るべき原因と発想の転換~」を追加しました。

詳しくはこちら

カテゴリ:

< スタディ・ドッグ・スクールオンライン新コンテンツ追加のお知らせ  |  一覧へ戻る  |  子ども対象☆キッズワンクリスマス会開催します! >

同じカテゴリの記事

【スタディ・ドッグ・スクール オンライン】新着動画「 経験だけに頼らない問題行動へのアプローチ」公開のお知らせ

今年3月に開催し、大好評だったセミナーが早くも登場!

第10弾として「経験だけに頼らない問題行動へのアプローチ 〜犬のコンサルテーションをマスターする〜」の動画を公開しました。
28828904_1855771187779793_8264440491330563404_o-300x200.jpg
 

講師 鹿野 正顕(学術博士) Masaaki Kano Ph.D

全6動画 計126分49秒
 

<コース概要>

問題行動の修正は、カウンセリングから分析、対処、修正まで体系的な学問として成り立っており、獣医師/動物看護師などはすでに必修科目(コアカリキュラム)として学んでいます。今や問題行動は医療のように症状は細分化され、その原因を究明する手法、対処、修正も確立されているのです。経験のみのアプローチでは、修正に至るカウンセリングの段階でその問題行動が生じる要因を誤って解釈をしていたり、適切な対処方法を用いていない可能性もあります。

しかしながら、ドッグトレーナーがこのような講義を受ける機会は皆無に等しいと言っても過言ではありません。なぜなら、一般のドッグトレーナーが受講できるのはトレーニング手法やほんの一部のケーススタディなどがほとんどで、行動コンサルテーションについてではないからです。

この講座では、問題行動修正の基礎を学び、現場で活かせるカウンセリング技術を身につけていくことで、問題行動を扱う専門家の中で一般常識である『共通言語』への理解を深め、より専門性の高いドッグトレーナーを目指していきます。

経験だけに頼らない問題行動へのアプローチ

 


スタディ・ドッグ・スクールオンラインリニューアル

犬のしつけやトレーニングがパソコンやスマホで学べる「スタディ・ドッグ・スクールオンライン」のコンテンツ紹介サイトが見やすくリニューアル!

スタディ・ドッグ・スクール®️オンラインは、パソコンやスマホなどで、どこでも好きな時に犬に関することが学べるオンライン講座(Eラーニング)です。
新サイトでは登録なしにサンプル動画をご覧いただけます。これに伴い、ホームページアドレスを、下記の通り変更することとなりましたので、
ホームページのアドレスを「お気に入り」や「ブックマーク」などに登録されているお客様には、大変お手数をおかけいたしますが、変更後は新アドレスへ設定変更して頂きますようお願いいたします。
今後も、より一層みなさまのお役に立てるよう取り組んでまいりますので、引き続きご愛顧を賜りますよう心よりお願い申し上げます。
新URL:https://sds-online.jp/

eラーニング.jpg

このページのトップへ