映像で見るスタディ・ドッグ・スクール
学ぶ 子犬向けレッスン グループレッスン キッズワンクラス
遊ぶ・交流する 子犬の幼稚園 お困り犬レッスン
遊ぶ・交流する ファンクラス SDSフレンズ
  • お客さまの声
  • PC・携帯で学ぶ
  • よくある質問
  • ドッグトレーナーのWan!ポイントアドバイス
  • トレーナー養成講座

HOME > SDSからのお知らせ > アーカイブ > 2019年1月

SDSからのお知らせ 2019年1月

【SDSフレンズ限定】2月のワンちゃんのお悩み相談会「プードルの悩み」

お悩み相談会ではよくある困った問題に焦点を当て、質疑応答を交えた座談会形式でドッグトレーナーが皆様のお悩みにお答えします。
2月の相談会では日本で最も多く飼育されている犬種であるプードルに焦点をあて開催します。
「ブラッシングが苦手」、「落ち着きがない」、「怖がり」などなど、プードルのお困りごとは様々。 お悩み相談会では、どうすれば解決できるのかについて、犬の習性や過去の実例などを交えながら、質疑応答の座談会形式であなたのお悩みにお答えします! 同じ犬種を飼っている人と一緒に、解決に向けてのはじめの1歩を進めてみませんか?
201902相談会.jpg
今後の予定 3月:大型犬のお悩み 4月:子犬のお悩み 5月:吠えについて 6月:噛みつき 7月:お散歩の悩み

詳しくはこちら

子どもと動物のセミナーのご案内

動物がもたらす子どもの心の教育
~犬とのかかわりを通して~
 
これまで、当スクールでは、犬を知るセミナーを数々のテーマで開催してきました。

人と動物の関係についての研究を進めてきた博士の集団が、次に開催するのは、

鹿野都による
 「動物がもたらす子どもの心の教育~犬とのかかわりを通して~」

 
と題して、セミナーを開催します。
 
 AAEセミナー(20190224)web2.jpg  
プログラムPDFはこちらセミナー(20190224)

これまで、当スクールでは、小学校での動物介在教育(犬が介在する生活科や道徳の授業)や、
キッズワンクラスという犬がそばにいる中で勉強したり、一緒に学びながら遊ぶクラスなどを
長年にわたり開催してきました。また、このような授業やクラスに参加する犬の育成として、
教育支援犬クラスを開催するなど、実践と犬の育成の多岐にわたり取り組んできました。


【講師紹介】鹿野 都(かの みやこ) 博士(学術)

麻布大学介在動物学研究室(旧 動物人間関係学研究室)にて人と犬の関係を学び、
主に子どもと犬について研究を進め、2008年に博士(学術)号を取得。 

大学院在学中にアニマルセラピーで有名なアメリカニューヨークにあるグリーンチムニーズで
インターンを経験し、動物介在介入の最前端を学び、その後の活動や指導に生かしている。 

日本における動物介在教育分野の第一人者として実践と研究に取り組み、プログラム開発や
指導を行っている。 

小学校に参加する犬の育成、教育支援犬とそのハンドラーの育成に携わっている。 
当スクールのみならず、NPO法人動物介在教育・療法学会において動物介在教育指導者養成講座や
セラピーアニマル評価者養成講座の委員であり、講師を務め、専門家の育成にも
携わっています。また、ナチュラルドッグスタイル子ども笑顔のラインプロジェクトにも
参加し、セラピー犬の参加や動物介在教育の専門家としても活躍しています。

+++++++++セミナー情報+++++++++++

日時:平成31年2月24日(日) 10時~11時30分(受付9時30分)
会場:ソレイユさがみ セミナールーム2
相模原市緑区橋本6-2-1 シティ・プラザはしもと
http://www.soleilsagami.jp/access/
アクセス:JR・京王線「橋本」駅北口駅前「イオン橋本店」6階
参加費用:無料
席に限りがありますので、先着順で受付します。

<申し込み方法>
下記の連絡先に、氏名、連絡先(住所、電話番号)、
所属(一般、動物関係・教育関係・その他)を明記してください。
連絡先:sds@animallifesolutions.com     FAX 042-712-9148
お申し込み後、受付メールを送信しますので、セキュリティの関係で
受信できないことがないように設定をお願いします。
申し込み後、1週間たっても連絡がない場合は、ご連絡のほどお願いします。
お問い合わせは、042-712-9148、子どもと動物のセミナーの件とお伝えください。

※お子さま連れでのご参加も可能ですが、託児所はございませんのでご了承ください。
その際には、申し込みの際に子どもの年齢も併せて明記してください。(席の確保のため)
※犬連れでの参加はできません。

1

« 2018年12月 | メインページ | アーカイブ | 2019年2月 »

このページのトップへ