映像で見るスタディ・ドッグ・スクール
学ぶ パピークラス グループレッスン キッズワンクラス
遊ぶ・交流する 子犬の幼稚園 お困り犬レッスン
遊ぶ・交流する ファンクラス SDSフレンズ
  • お客さまの声
  • PC・携帯で学ぶ
  • よくある質問
  • 鹿野先生のWan!ポイントアドバイス
  • トレーナー養成講座

HOME > ブログ > 教育支援犬 > 行ってきました、小学校。

ブログ

< 今日もたくさん!  |  一覧へ戻る  |  JAPDT勉強会 >

行ってきました、小学校。

今日は、今年度最初の小学校でした。

相模原市立光が丘小学校。
動物介在教育事業を担当する鹿野都が麻布大学大学院時代からつながっている学校で、
犬を連れていく授業が定着した最初の小学校です。
当時は特別支援学級の子どもたちとの交流をして、
昼休みに希望する子どもたちを触れ合ったのを思い出しました。

早、10年。

毎週朝水曜日にウォーキングタイムという時間があり、
地域との交流、異学年の交流で、校内、外周を15分くらい歩く取り組みがあります。
今もあるようですが、私はSDSに入ってからは行けなくなりました。
今年から麻布大学の学生さんは行けなくなったとのことです。
このウォーキングに、独身の頃から参加し、妊娠中も、出産後もベビーカーを押しながら
参加しました。その当時を知る先生がちょうど職員室にいて話をしたところでした。

今日は1年生の2クラスを対象に、45分を2回実施。犬の約束、触り方、ふれあいを行い、
怖いと感じていた子も自然と笑顔で、触ることができるようになっていました。

今日のメンバーは、Tプードルのバニラちゃん、ラブラドールレトリーバーのユフィちゃん・ティアラちゃん
スタンダードプードルのやわらちゃんの4頭です。
アシスタント(人のみ参加)には、初めて参加の方も含めて6名が参加していただき、
初めての参加にもかかわらず、皆さん笑顔で交流していただき、
子どもたちもニコニコの時間を過ごしました。

P1016883.JPG

十年以上やっていますが毎回緊張はしますが、子どもたちの笑顔を見ると、
楽しくなり、犬も楽しく参加しているので、みんなしてニコニコになり
とても充実した時間になります。

ぜひ一緒にこの楽しさを体験してみませんか?
5月28日(日)に
「教育支援犬と一緒に社会貢献!~まずは人から学びましょう。アシスタントへの道~」
ファンクラスにて講座を開催します。
日時:平成29年5月28日(日) 15時30分~17時
参加費:SDSフレンズ会員 3000円、非会員4000円
※人のみの参加になります。

この講座は、SDSで実施している動物介在教育にご参加いただけるよう
知識とスキルを身に着ける講座となります。
一緒に活動やってみたい方はぜひご参加ください。
教育支援犬として参加してみたいという方も、まずはこちらの講座を受講してください。

お申し込みは sds@animallifesolutions.com メールか、
042-712-9148 お電話にて承ります。締め切りは、5月25日(木)とさせていただきます。

担当:鹿野都



カテゴリ:

< 今日もたくさん!  |  一覧へ戻る  |  JAPDT勉強会 >

同じカテゴリの記事

教育支援犬体験クラス

先週の日曜日に教育支援犬体験クラスを開催しました。

スタディ・ドッグ・スクールでは、教育支援犬パートナーズプロジェクトの
活動として、小学校に犬と一緒に訪問して生活科や道徳の授業に
参加しています。

この内容を皆様にも知ってもらいたいことと、一緒に参加してくれる仲間を募集したいということを
目的として、教育支援犬を身近に感じてもらい、愛犬でも体験してもらおうと開催しました。

今回の講師は、小澤さんです。鹿野都はサブとしてそっと見守りました。

DSC_0095kakou.jpg


自己紹介してもらい、和やかに始まりました。
教育支援犬がどういうことするのか、資料とデモンストレーションで
伝え、実際に触れ合っていただきました。

DSC_0093kakou.jpg

当日、鹿野ジュニア(4歳)が乱入(笑)してきて、進行を妨げるハプニングもありましたが、
受講者の皆様が温かく迎えてくださり、大変ありがたかったです。

教育支援犬は子どもが突然走ってきても、追いかけたりしない、過剰に反応しないことが
大切ですので、その面で、犬たちの適性チェックができたのかもしれません。
(ハプニングでしたが、ポジティブシンキング♪で)

心音スピーカーで、参加犬の心音を聞いてみたり、
直接耳をつけて、体の生きている音を聞いてみたり、
身体の観察をしたりと
実際の授業で行っていることを、参加者に体験してもらいました。

DSC_0097kakou.jpg

参加者の皆さん、犬を飼っていても、他の犬の体の音や歯を見たりすることはあまりないと思いますが、
他の犬を知ることは、愛犬をより理解する上では、ほかを知ることがとても大事なポイントになります。

教育支援犬パートナーズプロジェクトでは、ボランティアメンバーを随時募集しています。
ご興味のある方は、お問い合わせください。
(参加いただく前に、講習を受けていただきます)

担当:鹿野都






キッズワンクラス&小学校訪問活動

最近のキッズワンクラスでは、犬と一緒に文字を作っています!!
え!?どーゆ―こと!?と思われた方もいらっしゃると思いますが、、、

DSC_0666 (500x334).jpg

こんな感じです!!
一文字一文字写真をとって言葉を作っています。
完成しましたら、スクールで張り出そうと思いますので、みなさん乞うご期待です!

そして、みなさんにキッズワンクリスマス会のご連絡!!

2016クリスマス会_01掲載用.gif


日 時: 平成28年12月23日(祝)
      13時30分~15時 ※受付スタート 13時15分
参加費: 1000円(プレゼントおよび、ケーキ・飲み物付き)
対 象: 幼稚園生(年中~年長)、小学生 ※その他も相談可
内 容: 
・犬の挨拶の仕方・約束の勉強
・犬たちとふれあい
・犬たちとゲーム
・工作タイム
・おやつタイム(ケーキや飲み物サービス)
・集合写真撮影

<<申込みの方法>>
お子様の名前(よみかた)、学年(年齢)、性別、保護者名、連絡先(住所、電話番号、Emailアドレス)、保護者の参加人数を記載して、
件名「キッズワンクリスマス会申し込み」としてメールかFAXでお申込みください。
Email  kids★★★animallifesolutions.com
(迷惑メール対策のため@を★★★に変えてあります。)
FAX  042-712-9148

今年もワンちゃんたちと楽しく開催しますので、ぜひみなさまご参加くださいね~。

最後に、、、
SDSでは教育支援犬パートナーズプロジェクトとして、犬と一緒に小学校訪問活動を行っています。

DSC_0750 (500x334).jpg

最近伺った小学校から、お礼のお手紙をいただきました(*´Д`)
他の小学校からも、今までたくさんのお手紙をいただいています。
本当にありがとうございました。




SDSスタッフ 鈴木

キッズワンマナークラス

今週の木曜日から、教育支援犬入門クラスの次のステップ、
「キッズワンマナークラス」が始まります。

子どもと犬との活動に参加するうえで必要な
知識や犬のハンドリングスキルを身に着けるクラスです。

このクラスは最終試験があるので、
試験に合格したら、キッズワンクラスやキッズワンのイベントに
参加することができます。
犬好きの子どもたちと遊んだり、勉強したり、
犬のことをたくさん知ってもらいかわいがってもらいます。

DSCN1497.JPG
<キッズワンクラス 犬のブラッシング体験の様子>
注意)リードはハンドラーさんが持っていましょうね。
⇒リスクマネージメントも学びます!

IMG_3552.JPG
<キッズワンクラス アジリティ体験>
1頭での活動の場合、呼び戻しができれば
フリーにすることもあります。呼び戻しがちゃんとできていれば!です。
(注 子どもが名前を呼んでもできることが大切!
   プラス、環境が整った場所であることもです)

キッズワンクラスやイベントでは、参加する犬に合わせたプログラムを
作成し、実践しています。犬に寄り添ったプログラムで
子どもたちと楽しい時間を過ごしていきます。

このクラスは、教育支援犬入門クラスを終了した方が対象となりますので、
興味のある方は、来年度?の開催までお待ちください。

教育支援犬パートナーズプロジェクトでは
ボランティアさんを募集していますので、
興味のある方はお問い合わせください。

動物介在教育アシスタントコース1日集中講座を受講いただければ、
ボランティアメンバー資格OKです。

明日からご参加いただける皆さま、よろしくお願いいたします。

スタッフ:鹿野都

教育支援犬入門クラス修了


あっという間に6回コースの、教育支援犬入門クラスが終了しました。

P5260612a.jpg

飼い主さんに聞いてみると、
愛犬がずいぶんと変わった!という声や、
人がより好きになった!などと
うれしい声を聞くことができました。

P5260601a.jpg
 飼い主チェンジ練習はとっても効果あり!
 飼い主さんも他の犬たちを知ることで、愛犬の良さがよりわかるようになったり、
 愛犬が他の人に対して興味を持っていく機会にもなります。


来週からは、キッズワンマナークラスを開催します。
このクラスは、実際にキッズワンクラスや、SDSのキッズイベントに
参加するために必要なスキルを身に着けるクラスです。
(教育支援犬入門クラスを修了した方を対象としています。)

なぜ、「マナー」という言葉が入っているか???と申しますと、
子どもとかかわる上で、飛びつかない、フードを食べるときに歯を当てない、
過剰に吠えない等、子どもたちが犬と交流する際に楽しくできるように
飼い主さんに、犬との交流の仕方を学んでもらいながら、
そのマナーを伝えていきます。

子どもたちは、犬とふれあう際に、約束を守って接します。
子どもも犬もお互いに、マナーを守ることで、安全に
かつ、楽しく関わりあえることができると思います。

そんなクラスは来週から始まります。
お仕事の都合で、参加できなくなっていまう方もいますが、
継続いただける飼い主ペアさんは頑張っていきましょう。

次のクラスからはスライドを用いての説明になります。
頭と体をフルに動かして頑張っていきましょう(^o^)/

わんこさんたちもよろしくお願いいたします。

教育支援犬パートナーズプロジェクト担当 鹿野都


教育支援犬の証

先週の犬の授業から教育支援犬のバンダナを着用して
参加しました。

SDSで動物介在教育に参加する際には、
教育支援犬の証として、このバンダナを着用します。
飼い主さんもわんちゃんも教育を受けた証です。

すばる君ママさんのお手製。
とってもおしゃれで、目立って素敵です。

P4275441.jpg

小型犬用、中型犬用、大型犬用があります。
授業に参加する際には、これを付けていきます。
見かけたら、ぜひ声をかけてくださいね。

そして、毎週木曜日は、教育支援犬入門クラスを開催しています。
先週が2回目。
レッスンをすると、愛犬の意外な一面が見えてきます。
このクラスのレッスンは、他の人からフードをもらったり、
飼い主チェンジして、他の飼い主さんとのコミュニケーションを
とるので、その体験にとまどう犬もいます。
経験を通して、飼い主以外の人もいい人だ!という体験を持ち、
興味を持っていくことで、犬の気持ちも変わっていきます。
この練習を通して、変ってきた犬たちをたくさん見ています。

また、話をしているときは、足元で落ち着いている練習も、
メリハリを持ち、日常生活でも活かすことができます。

この通り、ワンちゃんたちは、落ち着いてスタッフの聞いています(笑)
P4210561.jpg

次回は、3回目、もうあっという間に半分です。

また今週もがんばりましょう。

スタッフ)鹿野都
(代表の鹿野と混同するので、あえてフルネームにしています、あしからず)

このページのトップへ