映像で見るスタディ・ドッグ・スクール
学ぶ 子犬向けレッスン グループレッスン キッズワンクラス
遊ぶ・交流する 子犬の幼稚園 お困り犬レッスン
遊ぶ・交流する ファンクラス SDSフレンズ
  • お客さまの声
  • PC・携帯で学ぶ
  • よくある質問
  • ドッグトレーナーのWan!ポイントアドバイス
  • トレーナー養成講座

HOME > ブログ > アーカイブ > セミナー

ブログ セミナー

飼い主さん向け座学が始まります!

現在、スタディ・ドッグ・スクールのグループレッスンは必ずワンちゃんと一緒に起こしいただくスタイルになっていますが、レッスン開始当初は飼い主さんだけが来る座学の日も設けておりました。座学というと少し堅苦しいと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はワンちゃんがいないことでのメリットもあります。
例えば、ワンちゃんと一緒だと騒ぎ出したらどうしようとか、吠え始めてしまってドッグトレーナーの話に集中できないなんてこともあるかもしれません。このシリーズでは一つのテーマについて資料や動画を交えながら、じっくりとお話しいていく予定ですので、皆さんの疑問もしっかり解消していきます。
いきなり犬連れでレッスンとなると少しハードルが高いなぁとか、まずはじっくり話を聞いてみたい方、少し話を聞いてからワンちゃんと一緒通いたいという方にオススメです。全3回シリーズですが、単発でのご参加も可能です。詳しくは下記をご覧ください

"目からうろこ!"犬セミナーvol① 意外に知らない犬の散歩

目からうろこ犬セミナーvol①.JPG

ドッグトレーナー三井

たくさんのお申込みありがとうございます。

4/1よりお申し込みを開始しておりましたセミナー(5/26開催)

あなたの知らない犬のこと~しつけの常識・非常識~

大変ありがたいことに、たくさんのお申込みをいただき、
本日、定員に達したため、受付を終了いたしました!

お申込みいただいた方々、誠にありがとうございます!
また、お断りしてしまった方々、早期の募集終了となりましたこと、深くお詫び申し上げます。

ただ、これだけ多くの方が『犬のしつけ』に興味や関心を持っていただいているんだな、と
なんだかうれしく思いました!

本セミナーは「相模原市」「相模原市獣医師会」にご後援をいただき、
犬を飼う方どなたでも参加できるものとして募集しておりました。

スタディ・ドッグ・スクールでは、多くの方に犬について知っていただき、人と犬が互いに幸せに暮らせるように、
今回のようなセミナーを今後も開催していこうと思っております!

皆様ぜひご参加ください!
今回、「参加したかった~((+_+))」という方、次回!お待ちしております。

スライド1 (452x640).jpg

ドッグトレーナー 鈴木

明日からです!

明日4/1から飼い主さん向け無料セミナー「あなたの知らない犬のこと ~しつけの常識・非常識~」のお申込みが始まります!
犬と楽しく暮らしていくためのヒントが盛り沢山の本セミナーは、なんと相模原市に後援していただくことになりました。
いちしつけ方教室のイベントとしてはなかなかないことですhappy01
講師は近頃フジテレビ系「バイキング」や犬専門雑誌「いぬのきもち」などで大活躍の校長「鹿野正顕」が務めます。
本セミナーはどなたでも参加無料となっていますので、お気軽にご参加いただけます。
しつけに興味がある、困っているお友達がいらっしゃいましたらぜひご紹介ください。
もちろん相模原市在住の方以外でもご参加いただけます。
定員には限りがあり先着順となりますので、お早めにお申し込みください!
詳しくはこちら

20190526セミナーQRコード入り.jpg


ドッグトレーナー三井

お急ぎください!

2/24にソレイユ橋本で開催する「動物がもたらす子どもの心の教育 ~犬とのかかわりを通して~」ですが、おかげさまで一般の方はもちろん、ドッグトレーナーをはじめとした動物関係者の方から、教育関係者の方まで幅広くお申し込み頂いています。
実は、動物を通して子どもたちの教育に関われる機会はひょっとすると皆さんが思っているより多いかもしれません。例えば、スタディ・ドッグ・スクールが相模原の小学校へ訪問する際には、スクールのドッグトレーナー以外にも自身の犬、また、特定のプログラムを終了した飼い主さんとそのワンちゃんにご参加いただくこともあります。
そして、とっても重要なのがサポーターの存在です。犬を連れての参加ではないサポーターは、子どもたちが犬から最大限の教育効果が得られるように様々な気配りを行う大変重要な役割です。もちろん、誰でもいいというわけではありませんが、プログラムを修了した方にボランティアとしてお手伝いいただいています。ですから、自分の犬が高齢だからとか、子どもは独立したから、動物や教育の専門家じゃないしと諦めずに、未来ある子どもたちの成長の一助をになってみませんか?でもどうやって?と思われる方は是非セミナーにご参加ください。現場で15年間積み重ねてきたリアルなお話をたっぷりいたします!

講師詳細miyako_284x284.jpg

鹿野都(かの みやこ) Dr.Miyako Kano
学術博士、教員免許(中学校理科、高校生物・農業)
麻布大学大学院獣医学研究科動物応用科学専攻博士後期課程修了 博士(学術)号取得
元麻布大学共同研究員
NPO法人動物介在教育・療法学会 動物介在教育指導者養成講座講師

【講師略歴】
大学では教育現場に動物を介入する「動物介在教育」について研究し、博士号を取得。在学中には海外留学などを経験し、グローバルな視点も持ち合わせている。卒業後は数々の大学や専門学校で動物の専門家として教鞭をとりながら、教職員の依頼をうけ神奈川県相模原市の小学校を中心に、自身の犬と共に「子どもの心の教育」を目的に授業に参加。この授業は今年で15年目を迎え、ライフワークとなっている。近年では文部科学省「道徳教育の抜本的改善・充実に係る支援事業」研究に参加するなど、他分野に渡り活躍。犬のスペシャリストとして活動しながら、自らも教育免許をもち、動物側、教育側双方の専門性をもちあわせた、日本における動物介在教育の第一人者のひとりである。


ドッグトレーナー三井

無料セミナー開催いたします!

お知らせです!

すでにご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、

2月24日(日)にスタディ・ドッグ・スクール主催のセミナーを開催いたします!
題して…

「動物がもたらす子どもの心の教育 ~犬とのかかわりを通して~」

AAEセミナー.jpg

詳しくは→こちら

今回のセミナーの講師は当スクールの鹿野都が務めさせていただきます。

これまで当スクールでは、鹿野都が中心となり、
小学校での動物介在教育(犬が介在する生活科や道徳の授業)や、
キッズワンクラスという犬がそばにいる中で勉強したり、
一緒に学びながら遊ぶクラスなどを長年にわたり開催してきました。

動物とのかかわりが子どもの成長に良い効果を与えることは、
様々な研究から明らかにされていて、
また、多くの人が実感していることかと思います。

今回のセミナーでは最近の研究の成果と講師自身の子育て経験を踏まえて、
犬がもたらす子どもの心の教育についてお話しします。
 
・開催日:2月24日(日)
・時間:講義 10時~11時、質疑応答・交流会 11時~11時30分
・会場:ソレイユさがみ セミナールーム2  
アクセスはこちらhttp://www.soleilsagami.jp/access/
〒252-0143 相模原市緑区橋本6-2-1 シティ・プラザはしもと内(イオン橋本6階)
 
費用は無料となっております!

ぜひたくさんの方にご参加いただきたいと思います!
お子様を連れてのご参加も可能となっておりますので、お気軽にどうぞ!

<お申込み>
メールまたはFAXにて、
「氏名、連絡先(住所・電話番号)、所属(一般・動物関係・教育関係・その他)」を
ご連絡ください!
もちろん、直接店舗でスタッフにお声がけしていただいても大丈夫ですよ~!


ドッグトレーナー 鈴木

動物病院でのセミナー(続き)

動物病院にて、獣医師の先生や看護師さん、そしてトリマーさん達に、
日頃の犬の困った行動などに関するセミナーを5回のプログラムで開催中ですsign03

今日、ご紹介するのは3回目「吠える犬への対処方法」
(以前の様子


病院の待合室で吠えてうるさいとか、預かっている犬達が吠えてうるさいなどなど・・・

犬は、なぜ吠えるのか、そしてどのように対処したら良いのか。

動物病院セミナー(吠え).jpg

全てが、スムーズに解決できるわけではありませんが、基本を知っていただくことで、
応用の発想が生まれてきますhappy01

少し小難しい話も含まれておりますが、皆さんとても真剣に聞いていただき感謝感謝ですhappy02

動物病院セミナー(吠え)vol. 2.jpg

1回目:『何故、噛み付く犬になるの?』:問題行動の定義・原因・対処。
2回目:『噛み付く犬への対処方法』:犬が攻撃行動を示す状況と対処。
3回目:『吠える犬の対処方法』:吠えに関する基礎知識、インターホンへの吠えを例に挙げた対処方法。

そして、残す2回のタイトルは、

4回目:「犬が社交性の身につけるために」:犬の年齢に応じた社会性の身につけ方。
5回目:「犬のしつけは、なぜ必要?」:犬のしつけの重要性など。


面白く、そしてためになるセミナーを目指して頑張ります!!

もし、ご興味のある動物病院の方がいらっしゃいましたら、
お気軽にお問い合わせください。


スタディ・ドッグ・スクール
ドッグトレーナー 長谷川




犬や猫と人間をつなぐSNSアプリ「ドコノコ」のオフ会へ

大阪で開催されるドコノコさんのオフ会に、講師として参加します!!


皆さんは、犬や猫と人間をつなぐSNSアプリ「ドコノコ」を知っていますか?

とても面白いアプリで、Instagramのように、犬や猫たちの写真をアップして、
皆さんと交流したり、近所で迷子になった犬や猫がいたら、その情報が閲覧できたりと、
シンプルでありながら多機能で面白いSNSアプリです。

そして、この
ドコノコは、有名なコピーライターでもある
糸井重里さんが運営する株式会社ほぼ日のコンテンツ。

この
ドコノコさんでは、定期的にオフ会をされており、
今回はABC HOUSINGさんとのコラボ企画ということで、
住宅展示場内にてイベントが開催されますhappy01

せっかく住宅展示場内でのイベントですから、『犬や猫との住まいツアー』という題名で、
住宅をまわりながら「犬や猫と、そして人の快適を住まいの工夫から考える」をテーマにお話します。

いやー。今までにない、新たな角度からのお話をするので、既にドキドキbearingしているのですが、
参加者の皆さんがワクワクする内容にすべく頑張ります!!


現在、イベントの参加者を絶賛募集中です。
大阪の方でお知り合いの方がいましたら、是非、ご紹介ください!!

お待ちしております!! 詳しくは、こちらから。


スタディ・ドッグ・スクール
ドッグトレーナー 長谷川




長野県にセミナー講師で出向しました

スタディ・ドッグ・スクールを運営している
(株)アニマルライフ・ソリューションズでは
「犬の生態や行動」、「ドッグトレーニング」などに関する
科学的でより正確な知識や技術を日本全国に広めるため
セミナーの企画や講師出講を行っています!

先日の日曜日は、長野県で開催したセミナーに
講師として出向いたしました。

IMG_8535.jpg
セミナーを開催していただいたので
理事として関わらせていただいている
動物介在教育・療法学会でご一緒させていただいている
長谷川孝子先生で、先生は、清泉女子短期大学
「保育観察の研究」、「乳児保育」、「保育内容総論」
などの教員を務めれていて、犬を用いた介在活動や介在教育を
長年を実施されています。

IMG_85.jpg今回は、それらの活動に参加されているメンバーの方々への
講義と実技の内容のセミナーを実施いたしました。

普段はなかなか聞くことのできない内容とあって
ディスカッションも絶えることなく、とても楽しい
セミナーを開催することができました!

もし、行動学や科学的なな犬のしつけ方、犬の生態などに
関するセミナーにご興味がある方は、SDSのスタッフが
全国区どこへでも出向いたしますので
是非、ご連絡ください!!

kano.gif

勉強会のお知らせ ~犬の行動発達と適正飼育について~

明けましておめでとうございます!
2018年に入り、早くも10日もたってしまいました。

今年もスタッフ一同、切磋琢磨して頑張りますので
何卒よろしくお願いいたします!!

今日は勉強会のお知らせです!
私、鹿野が理事を務めている
日本ペットドッグトレーナーズ協会が主催をする
勉強会の講師を務めます。

日時とテーマは

2018118日(木)

12回:犬の行動発達と適正飼育について

 子犬の行動発達と人と生活する上での適正飼育について知る。

 

2018215日(木)

13回:学習の仕組み1

 古典的条件付け、馴化、拮抗条件付けの原理と応用について知る。

 

2018315日(木)

14回:学習の仕組み2

 オペラント条件付け、反応形成などの原理と応用について知る。


となっています。

いずれも、トレーナーの方を対象とした内容になっていますが
基礎からの内容になっているので、一般の飼い主さんでも
理解できる内容となっています。

ご興味がある方は、是非、ご参加ください!!
お申込みはこちらから!

kano.gifのサムネイル画像





ハミガキレッスン取材レポート

先日、SDSに通う飼い主さんたちにご協力いただき
SDS初の、ハミガキレッスンを開催いたしました!

BB_7884_620.jpg多くの飼い主さんとワンちゃん達にご協力いただき
新商品のハブラシを使いながら
ハブラシに慣らすところから実際にブラシをするまで
普段とは違ったレッスンを行いました!

レッスンの様子やハミガキのポイントについては
取材をしていただいた会社がレポートをしてくれているので
是非こちらをご覧ください!!

kano.gifのサムネイル画像


1234

« 成犬預かり | メインページ | アーカイブ | スクール情報 »

このページのトップへ