映像で見るスタディ・ドッグ・スクール
学ぶ 子犬向けレッスン グループレッスン キッズワンクラス
遊ぶ・交流する 犬の幼稚園 お困り犬レッスン
遊ぶ・交流する ファンクラス SDSフレンズ
  • お客さまの声
  • よくある質問
  • ドッグトレーナーのWan!ポイントアドバイス
  • トレーナー養成講座

HOME > ブログ > 普段は見せないドッグトレーナーの裏側! > セラピーアニマル評価者

ブログ

< 犬を乗せる車  |  一覧へ戻る  |  サービスドッグの候補犬探し 〜アメリカでの日々〜 >

セラピーアニマル評価者

月曜日は、理事を務めさせていただいている
動物介在教育・療法学会(ASAET)が認定している
セラピーアニマル評価者の認定試験に行ってきました!

今回は、初めて評価者を目指す方の
試験監督を務めました。

現在では、
老人ホームなどで実施される「動物介在活動」
小学校などで実施される「動物介在教育」
医療の現場で実施される「動物介在療法」

などといった、犬を介在した活動が
様々な場所で行われるようになってきました。

もちろん、どんな犬でも参加できるわけではなく
適切な資質があり、十分なしつけがされていることが重要です。

そして、動物ばかりがに求めるのではなく
その動物を連れている人が、動物に配慮した適切な対応や
扱いができることも、動物の福祉を考慮するために必須となります。

しかし、日本はそれらの基準が明確ではなく
甘いな基準で参加してしまうことで、本来の目的とはかけ離れてしまったり
時には事故や動物の福祉が害されてしまうこともあります。

そこで、ASAETでは、参加する動物とその取扱いをする人(ハンドラー)
の基準を設け、その基準に満たしているかを評価する
セラピーアニマル評価者の資格を認定しています。



IMG_7763.jpgすでに評価者として認定されている人も、これから認定を受ける人も
十分なミーティングを行い、お互いの知識や情報共有をし

IMG_7780.jpgIMG_7789.jpg様々な状況での犬の適性や、ハンドラーがセラピー犬に
考慮した適切な扱い方や接し方ができているかを評価します。

セラピーの活動では、犬が何ができるかが主に問われるのではなく
対象者も犬も、参加者すべてが楽しめ、そして安全を確保した
実施が必要となります。

評価者が全国に広がり、素晴らしい活動が日本に定着すると
人も動物も良い幸せになれますね!

kano.gif



カテゴリ:

< 犬を乗せる車  |  一覧へ戻る  |  サービスドッグの候補犬探し 〜アメリカでの日々〜 >

同じカテゴリの記事

ちびっこアルバイト

先日、運動会の代休だっだ息子が
スタディ・ドッグ・スクールでアルバイトとして
お仕事を手伝ってくれました!

アルバイト代は日当¥500と格安ですが(父親のポケットマネーより支給)
仕事の対価として初めてお給料をもらえる貴重な経験をすることができました!

masato1.jpg
幼稚園に登園しているワンちゃんのお世話をしたり
ハロウィンの飾りつけを手伝ったりと、できることはまだまだ少ないですが
小さいころから職場をみていたこともあってか、親バカながら
意外とテキパキ動けてとても感心しました!

masato2.jpg初めて親子で一緒に犬のトレーニングをするなど
僕にとっても非常に貴重で思い出深い経験をすることができました。

ほんの少しでしたが、飼い主さんにお礼をしてもらったり
仕事をする楽しさやありがたみが実感できてくれてい経験ができました!

kano.gif



老犬介護

16歳になるクッパは元気なものの、流石に年齢なりにというところです。
ここ1年ほどはスクールへの通勤の移動時間が負担になるため、実家の両親に面倒を見てもらっています。
そんなクッパですが、「しつけ」をしていて良かったなと思うことがたくさんあります。
ワンちゃんを飼いはじめたばかりの方はなかなか老後のことは想像できないかもしれませんが、パピークラスやジュニアクラス、グループレッスンで学ぶことが老犬にもとても役立っています。
例えば、後ろ足の筋力が弱ってきたので、歩行補助のために背中に取っ手のついたジャケットを着ています。
1567233120562.jpg
これは体に障ることが当たり前のようにできること、寝っ転がる練習をして各部を触る練習をしてきたこと、服を着る練習をしてきたため全く抵抗がないからできることです。
同じ理由で靴下を履いていますがこちらも嫌がることはありません。
その他にも寝返りが難しくなっているので、人が補助をしたり、おしっこのコントロールが難しくなっているのでマナーベルトをしています。
これも体を触ることに抵抗がないこと、新しい物に怖がったり、動揺しない経験値があるからできることです。
その他にも、体も固くなってきているので、写真奥に見える台の上にフードボールを置くなど工夫しています。
みなさんも若いうちから将来を考えて練習してみませんか?

ドッグトレーナー三井

第14回JAPDTカンファレンス

今年もカンファレンスの季節がやってきました。

私が理事を務めている
日本ペットドッグトレーナーズ協会(JAPDT)

では、毎年8月の終わりから9月にかけて
家庭犬のトレーナーを対象としたカンファレンスが開催されます。

カンファレンスは、ドッグトレーニングに関わる方々はもちろん、
一般の犬の飼い主さんや学生の方など、興味のある方はどなたでも参加でき、
ペットドッグに関わる方々の交流や情報交換の場にもなっています。

第14回となる今年のテーマは、

「犬が本能的に持つ衝動性をコントロールする」~人との共生と動物福祉~」

2019年8月30日(金)~9月1日(日)3日間、東京にある中央動物専門学校
にて開催されます。

最新の知識をアップデートして、皆様にもご紹介いたしますので
3日間頑張って勉強してきます!

kano.gif



直撃LIVE グッディ! に出演しました!

昨日、フジテレビで放映された

直撃LIVE グッディ!

に、犬のしつけ・トレーニングの専門家として出演しました!

snapshot.jpg今回は、紀州犬の飼い主が、他の犬に攻撃をさせたり
野生のイノシシを襲わせていることについてのコメントでした・・・

飼い主としては適切な行動だと思っていたようですが
相手の犬に大けがを負わせてしまう可能性も高いですし
そもそも、犬を使って野生動物を襲わせることは法律でも禁止されています。
イノシシは非常に危険なので、紀州犬がけがをしてしまう可能性も・・・・

一般的な考えとしては、自分の大切な犬をわざわざ危険にさらすような
対応を取ることは、非常に愛護心に欠けた部分があります。

人間よがりの考えや価値観で、このような行為をすることは
本当によくないことですよね・・・・

もっともっと、大切に犬を育ててほしいです・・・

kano.gif

不定期ですが...

不定期ですが、ドッグトレーナーの三井は外部サイトでコラムを執筆しています。
2014年に始めたので、早いものでもう5年目です。
先日も新しいコラムが公開されました。→https://petlives.jp/love-dog/23319
今回は2月に16歳を迎えた愛犬クッパの長生きの秘訣について書いてあります。
DSC_3135.JPG
クッパは立ち上がり娘に頭をなでてもらいに来るくらい元気です。
その他にも、「犬は賢いがゆえに損をしている?!犬と人の幸せの秘訣とは?」や「オヤツが犬のやる気を削ぐ!?」など、たくさん執筆していますので、ご興味のある方はぜひご一読ください!
コラムはこちら→https://petlives.jp/author/shouheimitsui
ドッグトレーナー三井

このページのトップへ