映像で見るスタディ・ドッグ・スクール
学ぶ 子犬向けレッスン グループレッスン キッズワンクラス
遊ぶ・交流する 犬の幼稚園 お困り犬レッスン
遊ぶ・交流する ファンクラス SDSフレンズ
  • お客さまの声
  • よくある質問
  • ドッグトレーナーのWan!ポイントアドバイス
  • トレーナー養成講座

HOME > ブログ > グループレッスン > Master Class合格者

ブログ

< 【SDSフレンズ限定】ハロウィン週間  |  一覧へ戻る  |  K9ゲームin精進湖2019 >

Master Class合格者

本日は、9月から始まったグループレッスンの最終日でしたぁ。

そして、今回のクールではMaster Classが開催され、
な、なんとsign03 この狭き門から2組の合格者が出ましたhappy01


柴犬のもこちゃんペアshine
柴犬 もこちゃん.jpg

ヨークシャーテリアの音彩(ねいろ)ちゃんshine
ヨークシャーテリア 音色ちゃん.jpg

お二方が合格ですsign03

おめでとうございますheart04

これから振替レッスンでテストを受けられる方も、頑張りましょうrock

Master Classの合格基準は、スタディ・ドッグ・スクール
習得すべきトレーニング項目を全てクリアしていることが条件となります。

そして、他の飼い主さんのお手本となる存在でいて欲しいと願っております。
少しプレッシャ〜(笑)

次回のMaster Classは、2020年1月11日(土曜日)の16時から8回のプログラムで行います。
ご予約開始は、11月11日(火)9時〜となります。

Advence Class修了者が対象のクラスとなりますので、みなさんのご参加お待ちしております。

スタディ・ドッグ・スクール
ドッグトレーナー 長谷川


カテゴリ:

< 【SDSフレンズ限定】ハロウィン週間  |  一覧へ戻る  |  K9ゲームin精進湖2019 >

同じカテゴリの記事

本日のMaster Class

A00_0802.JPG

本日のMaster Classはご覧の様に、犬たちを一列に待たせて、

端から順番に呼び戻しをするトレーニングをしましたhappy01

他の飼い主さんの「よし」や「OK」という解放の合図で動かないこと、
そして「おいで」や「Come」で他の飼い主さんのところまで行かないなど、
飼い主さんの言葉の聞き分けが必要となる、実に高度なトレーニングですsign03

こうやって、犬同士が近くで座って待っているだけでも、十分に高度なんですけどねwink


スタディ・ドッグ・スクール
ドッグトレーナー 長谷川

グループレッスンの良いところ。

グループレッスンの良いところは沢山あります。

その1つに、他の犬とお友達になれる。という点ですhappy01

初めはお互いに距離をとっていても、近付き方や一緒の空間を共有する方法を飼い主さんが学び実践することで、
他の犬が側にいることが平気になり、徐々に相手の犬に興味を抱き、コミュケーションのきっかけ始まります。

ポメラニアンとシュナウザーの挨拶.jpg

スタディ・ドッグ・スクールでは、犬同士が仲良くなることを目標にしているわけでなく、
レッスンを通して「他の犬がいても、過剰に興奮したり怖がったりしないようになること」が第一だと考えています。

何故なら『ドッグランなどで他の犬に追いかけ回された経験によって、他の犬が苦手になった』なんていう犬の場合、
どんな犬とでも仲良くさせようとすること自体が負担になってしまうからです。

しかし、そんな犬でもグループレッスンで適切な経験を通すことで、他の犬に徐々に馴れてきます。
そしてこれは、個別レッスンや出張トレーニングでは、経験をさせることがとても難しいのです。

もちろん、いきなり頭数が多いグループレッスンでは、何もできなくなってしまう犬もいますので、
そういった場合には、個別レッスンから始めることで、スムーズに他の犬への社会化トレーニングが始められます。


スタディ・ドッグ・スクール
ドッグトレーナー 長谷川





リードに頼らないトレーニング(Master Class)

Master Classの1つの目標に、『リードに頼らないトレーニング』というものがあります。

A00_0727.JPG

これは決してノーリードでの散歩を推奨するものではなくって、
普段からどれだけリードに頼っているのかを実感してもらい、
A00_0723.JPG

犬の意識を向けるために必要となる声かけや、
体を動かしたハンドリング技術を身につけることが目的の練習ですhappy01

A00_0748.JPG

オモチャやフードのにおいがついた器があったって、きちんと飼い主さんの所に行きますhappy02

素晴らしいsign03

この調子で練習頑張りましょうgood

スタディ・ドッグ・スクール
ドッグトレーナー 長谷川

新Basic Class Ⅰのワンコ紹介

先週から始まりました、新クールのグループレッスン。

今日も皆さん楽しくトレーニングされていますhappy01
本日は、新たにBasic ClasssⅠに参加され始めたワンコたちをご紹介します。

コーイケルホンディエのジョニー君 2歳shine
A00_0620.JPG

ゴールデンドゥドルのプラニィちゃん 7ヶ月heart
A00_0622.JPG

ゴールデンレトリーバーのレオ君 3歳sun
A00_0663.JPG

シーズーのつぶ君 1歳shine
シーズーのつぶ君.jpg

パピヨンのサラちゃん 1歳heart02
A00_0655.JPG

ポメラニアンのチップ君 7歳sun
A00_0639.JPG

マルチーズ×チワワの遥君 2歳heart01
A00_0628.JPG

M・シュナウザーのケリーちゃん 2歳shine
A00_0630.JPG

パピヨン×チワワのココちゃん 1歳heart04
パピヨン ココちゃん.jpg


トイ・プードルの白豆ちゃん 1歳sun
トイプー 白豆ちゃん.jpg


と総勢10頭のワンちゃんたちが参加中です!!

犬のしつけ方教室に通うのは、何歳になってからでも遅くありませんし、
むしろ高齢犬のボケ防止に最適ですhappy01

昔通っていて、老犬になったワンコたちも是非もう一度レッスンを受けてみましょう。
新たな発見があるかもsign02

スタディ・ドッグ・スクール
ドッグトレーナー 長谷川




本日からグループレッスン開始です!!

本日から夏明けのグループレッスンが開始されましたsign03

久しぶりに会う皆さんは、とても元気そうで何よりです。

このお写真はMaster Classの様子です。
A00_0666.JPG

犬と目線を合わさずに、オスワリやフセ、タッテの指示出す練習ですhappy01
A00_0669.JPG
↑飼い主さんは、遠くを見ていて目線を合わせていません。

いつも目線を合わせて指示を出す練習をすると、目線が合っていない時には指示が聞けないようになります。

Master Classまで来ると、犬とアイコンタクを取るのは練習するまでもなく自然とできてしまいますが、
でもこれが指示を出す前の絶対条件になってしまうと、犬たちは、一生懸命に人の顔を覗き込もうと頑張ってしまいます。

そこで本日は、名前を呼んだり目線を合わさなくても犬が常に飼い主さんに意識を向け、
飼い主さがんそっぽを向いていても「オスワリ」や「フセ」などに反応する練習をしました。

困惑気味だった犬たちも、だんだん理解し始めて出来るようになって来ましたhappy02
少しマニアックな練習ですが、出来るようになると犬の人に対する意識の向け方が変わります。


スタディ・ドッグ・スクール
ドッグトレーナー 長谷川


このページのトップへ