映像で見るスタディ・ドッグ・スクール
学ぶ 子犬向けレッスン グループレッスン キッズワンクラス
遊ぶ・交流する 犬の幼稚園 お困り犬レッスン
遊ぶ・交流する ファンクラス SDSフレンズ
  • お客さまの声
  • よくある質問
  • ドッグトレーナーのWan!ポイントアドバイス
  • トレーナー養成講座

HOME > ブログ > ジュニアクラス > そろそろですね

ブログ

< 観葉植物育ててます。  |  一覧へ戻る  |  ぶん太の成長記録⑪ >

そろそろですね

一昨日、自宅に「狂犬病予防注射のお知らせ」が届きました。4月からは集団摂取もはじまりますね。
狂犬病は人を含めたすべて哺乳類に感染し、発症すればほぼ100%死亡する大変怖い病気です。狂犬病は日本では1956年を最後に発生していません(海外で噛まれ発症した例を除く)が、世界では毎年5万人ほどが亡くなっています。仮に海外から狂犬病が持ち込まれた場合、70%以上の犬がワクチンを摂取していなければパンデミックが起きてしまう可能性が指摘されています。飼い主さんには狂犬病予防法によって予防注射が義務づけられていますので必ず摂取しましょう。
また、鑑札と同様に「狂犬病予防注射済票」を犬につける義務もあります。ちなみに、僕の住んでいる横浜市の「狂犬病予防注射済票」は骨型をしています。
注射の際には必ず犬を押さえる「保定」が必要になります。保定が嫌で毎年必ず大きなストレスを受けてしまうことは犬にとって大変可愛そうなことです。普段から、体を触ったり、抑えたりする練習をして保定に慣らしておきましょう。パピークラスや、ジュニアクラスでは必ず体をさわる練習していきますので子犬をお飼いの方はぜひご参加ください。既に苦手になってしまった成犬のワンちゃんには個別レッスンで慣らしていくことも可能ですのでお気軽にご相談ください。
DSC_0061.JPG
写真は本日のジュニアクラスの様子です。とっても上手にクレートトレーニングができました!

ドッグトレーナー三井

カテゴリ:

< 観葉植物育ててます。  |  一覧へ戻る  |  ぶん太の成長記録⑪ >

同じカテゴリの記事

無事に年越し

あけましておめでとうございます。
ドッグトレーナーの三井です。
今日は年が明けて最初の日曜日のレッスンでした。
パピークラス、ジュニアクラスにもたくさんの子犬たちが元気よく参加してくれました!
パピークラス、ジュニアクラスの時期はその後の一生を左右すると行っても過言ではないとっても大切な時期です。
引越や災害や病気、怪我など急な出来事にも対処できるようしつけのベースをしっかりと作っておきましょう。
介護もその一つ。
我が家の愛犬クッパは無地に年を越しました。
DSC_3010.JPG









ただし、自力の歩行は困難なので介護用ベストや滑り止めの靴下などを身に着けています。
フル装備だとマナーベルトをしているのでこんな感じ。
DSC_3031.JPG









これも小さい頃から、服や靴に慣らしていたのでいざ必要になった時にも当たり前のように身に着けられています。
もし、子犬の頃の経験が乏しければ嫌がったり、過度なストレスとなってしまったり老犬には大きな負担となってしまうことでしょう。
いざという時に備え、子犬の頃から様々なものに慣らしていきましょう。

ドッグトレーナー三井

継続的に慣らしていこう!

日曜日はパピークラス(6ヶ月齢以下)とジュニアクラス(6ヶ月以上1歳以下)を開催しています。
どちらも人間社会で生活する上で様々なものに慣らしていく社会化教育を中心としたクラスですが、ジュニアクラスの年齢は人間のでいうところの思春期にあたり、
パピークラスの時期とは異なる行動をしたり、性格に変化が見られる重要な時期です。
パピークラスの時期に問題がなくても、思春期に当たるジュニアクラスの時期に問題が出てくるということもしばしば。
それを予防するためには継続的な練習です。
今日も、継続教育に熱心な飼い主さんとワンちゃんがたくさん来てくれました!
DSC_3371.JPG
スタディ・ドッグ・スクールのジュニアクラスは全6回のコースですので、単発のしつけ方教室では対処の難しい、個々のワンちゃんの変化に合わせた対応も可能です。
パピークラスに通っていなくてもジュニアクラスに参加することはできますので、お気軽にご連絡ください。

ドッグトレーナー三井

今日もたくさんの子犬たち

毎週日曜日は、パピークラスとジュニアクラスを開催しています。
今日のパピークラスは健康管理について、ジュニアクラスは「友達100人できるかな?」のテーマで行いました。
DSC_3346.JPG
パピークラスは様々な健康管理グッズに慣らしました。
DSC_3339.JPG
大きい子も小さい子も上手にご挨拶。
DSC_3342.JPG
他の飼い主んさんにかわいがってもらったり、

DSC_3343.JPG
お尻をクンクンしたり、
DSC_3344.JPG
ときには、おすわりで落ち着くことも。
DSC_3345.JPG
大小様々な犬種のワンちゃんたちにご参加いただいていますが、みんな素直でとっても可愛いワンちゃんたちです!
パピークラスやジュニアクラスは自分のワンちゃんだけのためでなく、飼い主さんにも「ご自分のワンちゃん以外の様子を見」という大きなメリットがあります。
他の子を見ることで、ご自身のワンちゃんがもっとよく理解できたり、犬という動物そのものへの理解がグッと深まります。
一生に一度しかないパピーの貴重な時期をワンちゃんにも飼い主さんにも素晴らしい時間になるよう全力でサポートいたします!

ドッグトレーナー三井

ジュニアクラスの重要性

スタディ・ドッグ・スクールのパピークラスには、たくさんの犬たちが参加してくれていますし、

動物病院やペットショップなどでもパピークラスやパピーパーティが開かれるようになりましたね。

 

犬のしつけは、小さいころから始める」という意識を持たれる飼い主さんが増えたのだなぁ。

いう実感があります。

 

成犬になった時に、他の犬や人に吠えかかる、噛み付いてしまうとならないようにするためには、

パピークラスや幼稚園での経験が、とても重要な要素になります。

 

しかし一方で、犬が警戒心を抱いくようになって、吠えるようになるのはいつからかご存知ですか??

 

それは、6~8ヶ月齢(雌犬だともっと先の場合もある)頃です。

つまり「ピンポン」の音に吠えるようになるものこの時期。

それは一体、何故でしょう??

答えは、ホルモンバランスの変化です。

6〜8ヶ月齢頃は、男性ホルモン、女性ホルモンの分泌量が増え
性成熟を迎える時期で、人でいうところの思春期に当たります。

みなさん、自分の思春期を思い出して下さい・・・。
・なんか分からないけど、イライラする。
・異性を意識して、格好を気にするようになる。
・性的なものに興味が出始める。
・同性同士の関係性を気にするようになり、目が合うと喧嘩に発展する。
などなど

犬でも同じようなことが起きます。

例えば、
・犬も異性や同性に対する意識を強く持つようになることで、匂い嗅ぎやマーキングを頻繁にするようになる。
・飼い主さんに呼ばれても、他のことが気になるあまり、人の方に来なくなる。
・警戒心が強くなり、家に近づく人や犬を追い払おうとする。
などなど・・・

パピークラスや幼稚園で、せっかく社会化トレーニングしたことが、この時期の経験で崩れてしまうのです・・・。
ですからパピークラスでのトレーニングを継続することと、成長相応のトレーニングが必要となります。

そこで、考えたのがジュニアクラス

この時期の犬をきちんとコントロールする。
それだけではつまらないので、ゲームで楽しみながらコントロールするプログラムを考えました。

子犬の頃のトレーニングの重要性は浸透しました。
その次は、思春期の犬へのトレーニングをしっかりして、
過度な警戒心を持たない犬になるように、トレーニングを頑張りましょう!!



スタディ・ドッグ・スクール
ドッグトレーナー 長谷川


 


犬まっしぐら

今日のジュニアクラスのテーマは「犬まっしぐら!」。オイデを教える回です。
もしもリードが外れてしまったとき、オイデができなければ悲惨な事故につながってしまうこともあります。
また、ドッグランなどで飼い主さんの前に来るけれど捕まえられないなんてお話もよく聞きます。
ですからSDSでは飼い主さんの前に来るだけでなく、首輪を掴むところまでをオイデとして教えています。
今日はパピークラスから少し期間を空けて、秋田犬の若葉ちゃんが参加してくれました。なんと体重は1歳前にして30kg!
ご挨拶の相手はG・シェパードのクロエちゃん。こちらも22kgと大柄です。
DSC_2730.JPG
ダイナミックなご挨拶でしたが、大型犬が多く参加するのもSDSのグループレッスンの特徴の一つです。
一緒のクラスの小型犬たちもこの2頭と臆することなく上手にご挨拶ができていました。
なかなか大型犬になれる機会がないとお悩みの飼い主さん、グループレッスンに参加してみませんか?

ドッグトレーナー三井

このページのトップへ