映像で見るスタディ・ドッグ・スクール
学ぶ 子犬向けレッスン グループレッスン キッズワンクラス
遊ぶ・交流する 犬の幼稚園 お困り犬レッスン
遊ぶ・交流する ファンクラス SDSフレンズ
  • お客さまの声
  • よくある質問
  • ドッグトレーナーのWan!ポイントアドバイス
  • トレーナー養成講座

HOME > ブログ > 10ページ目

ブログ 10ページ目

JAPDT ペットドッグパートナーズ試験クラス開催中

環境省が行なった調査では、

『日本人の約4人に1人は、ペットが嫌い』
『犬や猫の糞尿悪臭など、飼い主のマナーが悪い」

などなど、ペット飼育に対して悲観的な調査結果も見え隠れしております。

私は犬や猫が大好きです。

でも、一方では嫌いな方もいたり、本当は好きなんだけど、
アレルギー反応が出てしまって触れないとか、同じ空間にいられない。
という方もいます。

(ちなみに、我が家の次女は犬や猫のアレルギー持ちです・・・)

こういった、ペットの関わる問題がクローズアップするのは、

『災害時のペットとの同行避難した時』

さらに、『散歩中、犬が吠えかかって通行人を転ばせてしまい怪我を負わせてしまった!!』
なんていう時、裁判沙汰で敗訴するのは飼い主さんです。

人と長い歴史を共にして来た犬であっても、やはり動物ですから、
野性の感覚がゼロ、というわけではありません。

「しつけは必要ですか?」と言う質問を受けることがありますが、
答えは1つ。

『絶対に必要です!!』

これは、人のためだけでなく、犬たちのためにも。

特に災害時に、急に慣れていない場所に連れて行かれた犬たちは、
必ずといっていい程、下痢や嘔吐をします。

阪神淡路大震災の時、外科的な処置よりも内科的な処置を必要とした犬たちがほとんどでした。

「ストレス」となる刺激を受け続けるのは良いことではありませんが、
「ストレス」を定期的に受け、それを跳ね除ける経験を積むことは、悪いことではありません。

何故ならストレス耐性が身につくから。

言い換えると、新しい経験(環境)への適応能力が身につく、ということです。

そういった経験は、地震などの有事の際だけでなくても、
ドッグランやドッグカフェ、そして犬との旅行などの時にも必ず役立ちます。

お座りや伏せといったコマンドを教えて、それを生活の様々な場面で活用すると言うことも
とても大切ですから、SDSグループレッスンの中では、そういったトレーニングを重ねますが、
それと同じぐらい大切なことは、しつけ教室の場所に来る、と言うこと。

そして、そこで様々な刺激を与えて慣れる経験を積むことと、
飼い主さん自身が慣らす方法を身につけなければなりません。

これができれば、新しい場所に行っても同じステップを踏みながら、
犬達にその環境への安心感を経験させてあげることができるのです。


現在、JAPDTのペットドッグパートナーズ試験対策クラスを実施しています。

今日の練習内容は、
健康管理がしやすいように『体を触っても嫌がらないようにする』

柴犬 体を触っても嫌がらない

犬が逃げてしまっても戻って来るように『首輪が持てるところまで、呼び戻しをする」
ヨーキー 呼び戻し

して欲しい場所で、指示が聞けるように『オスワリ、フセ、タテへの言葉への理解』
ヨークシャーテリア オスワリ

といった内容でした。

みなさん、とても一生懸命にトレーニングしております!!
その熱心な経験が必ず実生活に生きて来ますので、その調子で頑張りましょう。


スタディ・ドッグ・スクール
ドッグトレーナー 長谷川



【クリスマス会】開催します!

もうすぐ11月も終わりそうですね…。
気づけば年末!

毎年毎年あっという間に1年が過ぎていきますね~(>_<)

涼しくて過ごしやすい時期から、寒い!季節に変わってきましたが、
みなさま体調崩していないですか?
年末になると忙しくなりますからね、お体には十分に気をつけて過ごしましょう。

さて、SDSでは年末に毎年恒例のクリスマス会を開催します!

SDSフレンズ会員様限定のイベントとなっております。
みなさま、ぜひご参加ください!

スライド1 (480x640).jpg


<開催日>
12/22(土)10:30~12:00

<料金>
¥500/1人、¥500/1頭

<お申込み>
12/3(月)からお申込み開始!
参加する人数とワンちゃんの頭数をご連絡(メールまたは電話)ください!

☆ワンちゃんにクリスマスの仮装をさせてご参加ください。
(ワンポイントでも可)


ドッグトレーナー 鈴木

ドコノコ オフ会 に講師として参加してきました!!

11月10日、11日は大阪の中百舌鳥にある住宅展示場 ABCハウジングにて
株式会社ほぼ日さんが運営しているコンテンツ ドコノコ のオフ会に講師として参加してきました。
その時の様子はこちらからどうぞ。

そして、さらに11月17日、18日は、同じく大阪の千里にあるABCハウジングにて
またまた講師として、お話をさせていただきましたhappy01

長谷川講師(大阪千里)

内容は『犬や猫と人がいっしょに快適に暮らす工夫を考えるセミナーとモデルホームツアー』です。

住宅展示場内を歩きながら、どの様な環境作りをしたら、犬や猫達と快適暮らせて、
さらに問題行動が改善できるのか、というお話をさせていただきました。

ですから、住宅展示場内を↓こんな感じにゾロゾロと・・・

大阪ABCハウジング  犬猫 ツアー

今までにないスタイルでのセミナーで、とても楽しかったですhappy01

詳しくは、ドコノコさんに情報がアップされていますので、
こちらをクリックしてご覧ください。


そして、過去にスタディ・ドッグ・スクールに通っていた人ならわかるかな?
凪(ミニチュアシュナウザー)

スタディ・ドッグ・スクールの立ち上げメンバーでもある原田(現 坂上)葉子さん家の
凪ちゃんも参加してくれましたsign03

いやー、懐かしですねぇ。


スタディ・ドッグ・スクール
ドッグトレーナー 長谷川




6歳の誕生日を迎えました♪

早いもので、先日の日曜日
息子が6歳の誕生日を迎えました!

IMG_9568.jpgついこの間生まれたばかりだと思っていましたが
来年からはいよいよ小学校へ入学。
子供の成長はあっという間です・・・

妹も生まれ、保育園の最終学年にもなり
最近は本当にお兄ちゃんらしく、たくましく成長してくれています!

誕生日プレゼントは、平成最後の仮面ライダー「ジオウ」の
ベルト!とっても喜んでくれて、毎日保育園から帰ってきては
仮面ライダーごっこで楽しんでいます!

IMG_9567.jpg来年からは小学校に進み、周りの環境も大きく変わりますが
より一層、元気にすくすくとたくましく成長してもらいたいです!

kano.gif

「犬の幼稚園」の様子

最近はずいぶんと冷え込んできました!
特に朝方は寒くて、起きるのがおっくうになってきましたね(>_<)
(私だけでしょうか???)

ただ!
人は寒くても犬たちは元気!!!

スタディ・ドッグ・スクールの幼稚園には、毎日元気いっぱいなワンちゃんたちが来てくれています!

最近は新入生もたくさんいて、にぎやかに楽しみながら過ごしています。

トイプー 幼稚園

スタッフも癒されています(笑)

もちろん!ただ楽しいだけじゃなく、SDSの幼稚園では、

1頭1頭、その子に合わせて丁寧にトレーニングしています!

トイプー おもちゃ

遊んだり、

Mix トレーニング

人に集中する練習~。

ただお預かりするだけではなく、その子に必要なことを重点的にトレーニング!
ワンちゃんたちには日常生活で必要になることを身に着けてもらいます!

トリミング台やドライヤーを嫌がらないようにトレーニングしたり、

犬 ドライヤー

エリザベスカラーを付けたりもします!

Mix エリザベスカラー

苦手な子が多い、お手入れ!
嫌だからと言っても、生きていく上では絶対に必要ですよね。

ワンちゃんの様子を見ながらトレーニングしていきます。

もし苦手な子はぜひ幼稚園にお越しください!
専任のスタッフがお預かりして、練習をしますよ!


ドッグトレーナー 鈴木

さがまちカレッジ

相模原市と町田市の大学、NPO、企業、行政などが連携し、魅力あふれる地域社会を創造することを目的に設立された「相模原・町田大学地域コンソーシアム」。
その活動の一環である「さがまちカレッジ」では「学びの楽しさ」をテーマに様々な講座を開催しています。
スタディ・ドッグ・スクールは毎年犬に関する講座で協力させていただいています。
今年は「愛されわんこを目指すには!」というテーマで講座を開催いたします。
講師は鹿野都が務め、三井も参加します。
残念ながら申込みは終わってしまいましたが、来年も様々なテーマで講座が開催される予定です。
さがまちカレッジ以外にも魅力的な活動がありますので「相模原・町田大学地域コンソーシアム」を覗いてみてくださいね!

本文とは全く関係ありませんが、老犬クッパは元気です!
DSC_2608.JPG

ドッグトレーナー三井

学術大会に参加してきました

私が理事を務める
動物介在教育・療法学会では
年に一度の学術大会を開催しています!

今年の学術大会は第11回を迎え
東京大学で開催されました。

IMG_9468.jpg私は土曜日の総合司会と一つの演題の座長を務めさせて
いただきました!

動物を介在した教育と療法の学会なので
動物側の専門家だけではなく、人側の専門家もたくさん集まったため
普段は聞くことのできない、他の分野の様々な研究内容や取り組みをきくことができ
非常に勉強になり、刺激になりました!

IMG_9497.jpgIMG_9479.jpgアニマルセラピーの分野は以前より注目されていましたが
なかなか研究の進みも遅く、動物側と人側の専門家が
共同する機会も少なかったです。

しかし、年々両者の共同した取り組みが増えてきたため
今後、さらなる発展につながる可能性が高まっています!

動物が与えてくれる人への多大な恩恵についてご興味がある方は
是非、学会に参加してみたり、弊社のスタッフにもお声がけください!!

kano.gif



毎週日曜日はジュニアクラス開催中~

今年の9月より、スタディ・ドッグ・スクールに新しくできた

ジュニアクラス!

6ヶ月齢から1歳までの若い子犬を対象としたクラスで、
毎週日曜日、11:00~12:00の1時間、開催しております。

先日、全6回を修了したワンちゃんと飼い主さん
修了書と一緒にお写真を撮らせていただきましたよ~。

ペキニーズ しつけ ジュニアクラス

ペキニーズの女の子!どんどんと集中力がついて、ず~っと飼い主さんを見上げてました!

シュナウザー しつけ ジュニアクラス

M・シュナウザーの女の子!パピークラスから通っていただいています!
お母さん以外の人にも慣れてきてくれました!

犬の6ヶ月から1歳前後までの年齢は、身体的にも、精神的にも、とても変化の大きい時期!
それまで全く問題のなかったワンちゃんでもこの頃から

吠える、噛む・・・

などのお悩みが出てきます・・・。

ジュニアクラスでは、そんな困った!をワンちゃんとの楽しいゲームを通して予防していきます。

10年以上続く、ワンちゃんとの楽しい生活のためにも、
たくさんのワンちゃんと飼い主さんたちにご参加していただきたいです!


ドッグトレーナー 鈴木

イベントの季節です

秋は動物関係のイベントが盛んに行われる季節です。
SDSも相模原市で開催された2つのイベントに協力させていただきました。
DSC_2574.JPG
1つ目は相模原市動物愛護キャンペーン。
DSC_2575.JPG
今年は10/27日にアリオ橋本でデモ犬と一緒いちからはじめるワンちゃんの飼い方、しつけ方」というイベントを行いました。
ドッグトレーナーというと、犬に何かを教えるプロと思われる方が多いですが、犬の習性を知り、上手に環境設定をすることつまり「飼い方」をお伝えすることも一つの仕事です。
犬は賢い生き物ですが、なんでも覚えられるわけではありません。特に飼育環境が整っていなければ人にとって都合の良い事どころか、いわゆる問題行動を学んでしまうこともあります。
ですから、今回は犬を買い始めたばかりの方には飼育環境の準備について、すでに飼っている方には環境の見直しや確認をしていただきました。
このイベントは特に予約はなく、案内は当日の呼び込みによる声掛けのみでしたが多くの方にご参加いただきました。

翌週の11/3は毎年恒例の麻布大学でのしつけ方教室です。
45235092_344542252972392_1996150355066355712_n.jpg
今回はご家族でのご参加が多く、小学生のご参加もありました。まずは日本や相模原市の現状について解説しました。
その後、飼い主が守るべきマナーと日頃から練習しておくべきことについて。
received_2079554652069058.jpeg
また、デモ犬をつかってその日からできる練習について実演しながらお見せしました。
後半の一時間は質疑応答タイムです。
received_2260811060817726.jpeg
吠えや噛みつきトイレの問題など参加者のケースに合わせて一つ一つ回答させていただきました。
このしつけ方教室は来年の3/2にも開催しますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。相模原市民のみ参加可能ですが無料です!

ドッグトレーナー三井

動物病院でのセミナー(続き)

動物病院にて、獣医師の先生や看護師さん、そしてトリマーさん達に、
日頃の犬の困った行動などに関するセミナーを5回のプログラムで開催中ですsign03

今日、ご紹介するのは3回目「吠える犬への対処方法」
(以前の様子


病院の待合室で吠えてうるさいとか、預かっている犬達が吠えてうるさいなどなど・・・

犬は、なぜ吠えるのか、そしてどのように対処したら良いのか。

動物病院セミナー(吠え).jpg

全てが、スムーズに解決できるわけではありませんが、基本を知っていただくことで、
応用の発想が生まれてきますhappy01

少し小難しい話も含まれておりますが、皆さんとても真剣に聞いていただき感謝感謝ですhappy02

動物病院セミナー(吠え)vol. 2.jpg

1回目:『何故、噛み付く犬になるの?』:問題行動の定義・原因・対処。
2回目:『噛み付く犬への対処方法』:犬が攻撃行動を示す状況と対処。
3回目:『吠える犬の対処方法』:吠えに関する基礎知識、インターホンへの吠えを例に挙げた対処方法。

そして、残す2回のタイトルは、

4回目:「犬が社交性の身につけるために」:犬の年齢に応じた社会性の身につけ方。
5回目:「犬のしつけは、なぜ必要?」:犬のしつけの重要性など。


面白く、そしてためになるセミナーを目指して頑張ります!!

もし、ご興味のある動物病院の方がいらっしゃいましたら、
お気軽にお問い合わせください。


スタディ・ドッグ・スクール
ドッグトレーナー 長谷川




<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ